<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

ブルー・ピアス

 

〜お知らせ〜 24、25日は定休となります。

 

青い氷の様な、涼やかな印象のクリスタルガラス。

 

面毎に、フロスト(艶消し)という手間加工を施したピアスは

ロスレー。

 

昼近くまで雨模様だった関東も、昼を過ぎたら雲が割れて、

陽の光が差して来ました。

 

そろそろ梅雨明けも近そう。

 

暑さには塩をかけられたナメクジの様に弱い店長。

 

外に出かける用事は全て終わらせて、夏中お籠りしたい

気分です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * Vintage Costume Jewelry * 12:32 * - * - * - -

さんごのぶれす

昨日のさくらんぼのシャンソンにも登場した珊瑚。

 

美しいヴィクトリアンの珊瑚のクラスプを入手して、

10年以上も温存したままという、E様からのご依頼で

ブレスレット仕立てに。

 

腕に珊瑚ビーズをクルクルと何十にも巻き付けた様な

感じで…というリクエストそのまま現実の形にする為

試行錯誤。

 

勿論アンティークにはアンティークを…のセオリーで

探したビーズ達。

 

どうにかやっと、形になりました。

 

夏に相応しい珊瑚素材。

 

たっぷりと今夏の陽の光を浴びて欲しいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * Antiques * 11:33 * - * - * - -

サクランボの実る頃

今最盛期のサクランボを食べていて、想い出した事。

 

フランスのシャンソン『サクランボの実る頃』という有名な

歌があります。

 

加藤登紀子さんが某アニメ映画の中でも唄っているのを、

聞いた記憶の方もおられるかと。

 

その中の歌詞に『失くした片方を探す、耳飾りの様なサク

ランボ、夢心地で摘む、珊瑚色のイヤリング…』という詩が。

 

初夏の頃に実る真っ赤なサクランボを、命と生きる喜びと

悲しみ、恋と失恋と苦しみ…人生の象徴の様に置き替え

唄われています。

 

写真はロスレーの真紅の大粒なカットビーズによる、

まるで大粒サクランボの様な、ネグリジェと呼ばれるスタ

イルのネックレス。

 

直径20mmを軽く超す大粒のピンクレッドのガラスは、

泡やゴミ等の内包が全く見られない、採れたての紅い

実の輝きは瑞々しく、対極の冷たいスチールの様な

キャップや、首回りに繋がるスチールビーズをリンク

したネックレス部分とのバランスが素晴らしい物。

 

意外に大粒のカットビーズでも、個性的な物を創造して

いるロスレーの、魅せ処を知るネックレスです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

店長のイチオシは、やっぱりイヴモンタンの歌う方かと♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * - * 09:45 * - * - * - -

シャトルの耳飾り

暗闇にボゥッと光る儚い蛍の明かりの様に、美しい

虹色の輝きを見せる、面長楕円のマザー・オブ・

パール製のピアス。

 

初めて見た時、まるで良く出来た繊細な砂糖菓子の

面持ちに「何これ?お菓子?」と聞いたほど。

 

ディーラー曰く「ヴィクトリアンのおそらくタティ

ングレースを編む為のシャトルと呼ぶ、小さな糸巻

に使われたパーツをリメイクしたモノ」とのこと。

 

歪みのない真っ平な形から、相当に大きく分厚い

二枚貝から採取されたと思われます。

 

周囲には、機械で彫ったかの様な、正確な刻み

文様と、なでしこの様な儚い花が描かれ、対する

裏面には、ゲーム版の様な市松模様。

 

道具の部品から、装身具への転身。

 

古く美しい物たちは、こうして形を少しずつ変え

てなお、未来へと繋がっていくような気がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * Antiques * 10:15 * - * - * - -

天然蛍狩り

今年は絶対に間に合う様にと出掛けた、某県某所

の天然ほたる鑑賞。

 

ようやく飛び始めた処という情報を得、突進!

 

日没が過ぎて、暗くなりかけた藍色の空に浮かぶ

細い糸の様な三日月の頼りない光を頼りに、沢の

水が流れる細い登山道を歩いて行くと、不意に

目の前を横切った、フワフワとはかなげに飛ぶ

ホタルのヒカリ。

 

気付けば多くの蛍達に囲まれていました。

 

清い水の傍でないと生きられないという生態は、

そのまま人間に置き換えても同様。

 

水なくして、人間は生きられないもの。

 

それが清らかであればより理想なのに、その水を

汚しているのも、また人間。

 

光の点滅は、蛍の呼吸の様に強弱を繰り返して

次から次へと来る観光客に、儚い夢心地の光の

ページェントを披露していました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * Voyage   * 12:53 * - * - * - -

夕日を追いかけて

梅雨休みの週末、快晴の中で過ごした休日。

 

美しい落日を見に海辺まで。

 

今年一番最初とも言える、美しい夕陽の風景を堪能。

翌日、思いもしない関西大阪震源の地震。

 

友人が大阪の小学校の先生ゆえ、さぞや…と思い

連絡は夜になってからしましたが、やはり市長、

教育委員会からの連絡等が錯綜し、現場は大混乱

だったそうです。

 

大きな揺れから、余震もあるでしょうが、早く

落ち着くことを願います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * Voyage   * 12:41 * - * - * - -

蛍狩り

〜お知らせ〜 17日、18日は定休となります。

 

店が終わってから、毎年恒例の椿山荘の蛍を見に。

 

暗い中、多くの観光客が広い日本庭園にワラワラ

溢れていました。

 

暗闇にラインストーンの様にキラリと輝く蛍も

そこそこ鑑賞出来たのですが、見終わってからの

深夜のお茶が、ラウンジの閉店時間繰り上げのため

叶わず。

 

何処も人手不足?

 

毎年蛍とお茶がセットだった為、一寸寂しい今年の

都会での蛍狩りゆえ、週末に田舎でリベンジかも…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * Voyage   * 09:56 * - * - * - -

紫陽花

淡い水色の紫陽花の花を連想させるイヤリングは

ミリアム・ハスケル。

 

欧州、日本製のビーズを使い、ワイヤーを使い、

ディテールの凝った組み立てをしているところに

惚れ込んで、思わず入手してしまったモノです。

 

今日は一寸だけ肌寒い位の梅雨曇り。

 

灰色の空の下では、紫陽花のブルーやピンク、

紫が、一層鮮やかに見える、この時期ならではの

お楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * Vintage Costume Jewelry * 14:04 * - * - * - -

グレイヘアへの転身

『グレイヘアという選択』の本が出たからか、このところ

髪を染める事を止め、グレイヘアを選んだ方のご来店が

増えています。

 

染めない選択を選んだ方は、何時も自然体。

 

元々個性的なファッションを好み、世間の流行や、人の

意見に左右されない、自分のスタイルが確立していて、

『老化』というマイナーな現実をもサラリと受け入れ、

楽しんでいます。

 

一人でも楽しく、数人でも楽しく、事毎に正面から向かい

合って、気取らず謙虚に、その時々の逢瀬を楽しんで

いる様に思います。

 

髪色がグレイになる事で、似合う色やスタイルが変わっ

て来る事は事実。

 

もしかしたら、それは精神面に影響を与える事かもしれ

ませんが、変化への現実を、次に向かうシーンに恐れず

軽やかに移動する諸先輩お客様の生き方に、今まで

見えなかった物が見え始めた様に、見習う所が多いと

思う日々です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * Fasion * 09:25 * - * - * - -

芸能人来たる!?

先日、某女優さんがご来店。

 

しかしながら、およそ有名人には音痴な店長。

 

レア・セドゥとか…

ジョージ・クルーニーとか…

エマ・ワトソンとか…

ジョニー・ディップとか…

 

それらの方がご来店されたらどうにか…ってなレベル。

 

気取らず自然体のまま故に「似てるな〜違うのかな?」

と接客の間中考えていました。

 

既に国際的に活躍されている方なので、かなり多忙の

合間に訪れて頂いたと思います。

 

少々プライベートなお品物をご購入頂きましたので、

ここは店としてはシークレットに…(笑)。

 

更にその前日には、神楽坂が舞台、秋から放映の

新ドラマ撮影が開始になるとかで、その撮影場所

探しと確認の為、プロダクションの方がウロウロ。

 

何かといつも話題が多い、梅雨の神楽坂です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年秋のテレビ朝日ドラマ『僕とシッポと神楽坂』。主演は嵐の相葉雅紀君。神楽坂上の動物病院が舞台だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * エトセトラ * 09:55 * - * - * - -
このページの先頭へ