<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

イエローボックス

昨日の山百合の如く、古いイエローの箱に入れられた物。

 

開けると、まるでその箱の色が映ったかの様な、黄色の

小さなバロックのビーズ達がコロコロ…。

 

箱は70年近くも前の物なので、70年かけてその色を

ビーズ達に移し替えたのでしょうか。

 

…なんてあり得ない事すら思わせる『古い物マジック』

を考えた、猛暑の真夏の午後の夢想です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * Matière-素材- * 09:39 * - * - * - -

熟成の山百合

山深く緑濃い中、ヒグラシが鳴く森の入り口に、毅然と

立つ貴婦人の様な印象の山百合の花と出会いました。

 

遠くからでもハッとさせられる程、目を惹きます。

 

日本原産のこの百合は、香りも甘く濃く純白の花弁の

中央に、独特のイエローのラインと赤い斑点文様が入る

お洒落さん。

 

でも種から最初の花が咲くまで、実に5年もかかるという、

超熟成型の花。

 

何事も、美が完成するまでは、時間をかけないとならない

という証しでしょうか。

 

古い球根ほど着ける花数は多いとのことなので、出逢った

この山百合も、10近い花数から、10年以上ここに鎮座、

毎年その艶やかな姿をお披露目しているのでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * エトセトラ * 10:23 * - * - * - -

ひょう

昨日の東京の異常豪雨にはビックリ。

 

当店付近は、豪雨は凄かったモノの雹は降らずでしたが、

池袋中心に居た知り合いや友人から「車の屋根がボコボコ

やら、凄い事になっている!」との報が。

 

こぶし大の氷の塊が1万メートルもの上空から落ちて来る

ワケですから、想像を絶する光景だったと思われ、大怪我

などの被害者が出なかったのが、何よりです。

 

 

両面に可憐な花と唐草の彫り込みが在る、フランスの

ロスレー社製のネックレスも、氷のイメージそのもの。

 

凝ったリバースインタリオのビーズが、細やかなカット

ビーズの中に差し込まれている、グラデーションのロング

ネックレス。

 

両面に同じ彫り込みを入れる事で彫り込みが重なり合い、

更に深い陰影感を生み出しています。

 

エッジには一切のダレが無く、ここまで磨き上げるのも、

さぞ職人の技術が高かったと思わせる、妥協点の無い

仕事っぷりに脱帽の1点。

 

涼やかに見えるビーズを使ったネックレスなら、暑気払いに

なるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * Vintage Costume Jewelry * 13:20 * - * - * - -

緑の夏

緑を見つめた週末。

 

 

それは田んぼの育ちつつある稲だったり…

 

森の入口の竹藪だったり…

 

遥か高台から見える、緑の平野だったり…

 

…緑のネギがたっぷりと乗っかる、ご当地

名物ネギラーメンだったりと…。

 

旅先で、あらゆる緑を追及した、店長の休日

です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * Voyage   * 12:36 * - * - * - -

スイカパンの休日

〜お知らせ〜 16、17日は定休です。

 

あまりの暑さに、田舎に脱出。

 

田んぼを見ながら、スイカ…じゃなくて、スイカパン(味はメロン)

を食べています。(笑)

 

皆様、水分補給を怠りなく、猛暑の連休をお過ごしくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * エトセトラ * 10:06 * - * - * - -

遥かなるアイルランド

埋もれ木(ボグオーク)で造られた、アイリッシュ

ハープがモチーフの小さなブローチ。

 

アイルランドは、イギリスに行った折に、頑張れば

行けそうなご近所なのに、未だ行けない遥か遠い所。

 

そしてアイルランドと言えば、ビール、音楽、そして

多くの小説家や詩人を輩出してきた国。

 

中でも店長が好きな小説は、フランク・マコート著

『アンジェラの灰』。

 

1930年代のアイルランドの小さな町、リムリックで

育つ少年と、その一家の自伝的小説、回想録です。

 

『アイルランド人のみじめな子供時代は、普通の人の

惨めな子供時代より悪い…』という冒頭の言葉から

始まる顛末は想像を絶する悲惨な内容。

 

兄弟は相次いで亡くなり、甲斐性の無い飲んだくれの

父、信心深いだけで嘆くのが毎日の母親…。

 

ギリギリの極貧の中、逞しく生きていく少年の

成長記の目線に見える、アイルランドという国の全て。

 

単行本で5僂發慮さなのに、サクッと読めてしまう

のは、韻を踏んだ文章が、まるで心地よい音楽の旋律の

様に心に響くからかも。

 

何より土屋政雄氏の翻訳が見事ゆえ、と思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1997年ピュリッツアー賞も受賞。映画化もされましたが、小説がベスト。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * Antiques * 10:48 * - * - * - -

とかげ

飛び上がって逃げ出すか…

 

飛び上がって抱きつくか…

 

嗜好が分かれる、生き物系の装身具。

 

苦手な方には、背筋がヒヤリとなって、一寸だけ涼しい気分を

感じたかも!?

 

チャールズ・ダーウィンは、世界を探検で回った折、イグアナや

ゾウガメ等の生息するガラパゴス諸島で、進化論説の閃きを

抱いたとか。

 

ゆえにか、イギリスではこうした虫や爬虫類系のジュエリーが

流行した…と言う話を、イギリス人のアンティークディーラーから

聞いた事があります。

 

銀のボディに緑のペーストも怪しい輝きを放つ、ヴィクトリアンの

リザードブローチです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * Antiques * 13:28 * - * - * - -

フレンチ バネ

フランスのヴィンテージイヤリングに多い、細いワイヤー

タイプのバネ。

 

ロスレーにも多く見られます。

 

細い鉄でできた針金で耳に留める為、大きな金属製の

平たいバネと違って、痛くならないのが特徴です。

 

しかも、ピアスの方の場合はバネを残したまま、ピアスの

針を付ければ、装着可能で、更にはピアスホールに針を

通した後にバネを留める為、落下防止にもなるという

特典が。

 

なかなかアイディアなる留め金です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * エトセトラ * 12:28 * - * - * - -

料理

最近お休みの日に料理を習う店長。

 

使う脳が全く違う所なので、とにかく楽しい。

 

7月のテーマは、ベトナム、タイ、中華と、豪華

アジアン三本立て。

 

生春巻き、ソムタム、ヨダレ鶏etc…。

 

いきなりの猛暑ゆえに、既に食欲減退の兆しを

感じていたところ、グッと胃袋を起こされた感じ。

 

もちろん、完食です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * エトセトラ * 10:27 * - * - * - -

体感涼感

いかにも夏向き…に製作した、サフィレットのソリテール。

 

一寸ジョージアン風のセッティングに仕上げました。

 

一辺16ミリという、大粒だけが魅せるヒヤリとした涼感に

体感温度が下がる…かも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * saphiret * 10:42 * - * - * - -
このページの先頭へ