<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

New & Old

〜お知らせ〜 25、26日は定休となります。

フォト冊子『SAPHIRET à la mode』を

ご希望の方、冊子の在庫は充分にございます。

本日14時までお寄せ下さったお問い合わせには、

全て返信をしております。

 

仕事が古いものを扱うからか、パソコンも中古で十分と

ず〜〜〜〜〜っと古いものを探し続け「使い込まれた

格安Vintageサイコー!」と言いながら使い続けていた

店長。

 

勿論OSはwindows10にすら到達してもいませんでした。

 

先日倒れて復活した店長の父は、最新モデルが大好きの

科学爺で、90歳を過ぎた今も、趣味が自作パソコン。

 

時々リストアの必要が出てくると、店長も持っていない

windows10のOS入れなおすから、ダウンロード版を

送れ〜…とリクエストしてきます。

 

そんな姿を横目で見ていたので、心機一転、とうとう

最新式にチェンジ。

 

「軽い!」「早い!」etc…いちいちの作業に雄たけびを

あげて作業中の週末。

 

デバイスが新しくなるたびに、使えるソフトの有無や

不具合が出る動作に一喜一憂の今秋です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * エトセトラ * 15:17 * - * - * - -

サフィレット便り

〜お知らせ〜 

この案内は、トップ記事の次に表記しています。

 

昨年の春20周年として行った『サフィレット・ア・ラ・モード』展。

 

サフィレットガラスに想いを、それぞれの形で表現するという、

完全予約制のギャラリースタイルで、共に企画に携わって頂いた

Makiさん、Yumiko Satoさんと3人で、記念で造った小さな

写真本は既に告知をしていて、ご存知の方も居られるかと思います。

 

すっかりお待たせの感はありますが、実は既に出来上がっていたの

ですが、このウィルス騒ぎでお知らせを躊躇していた次第ですが、

自粛が長いと、自宅に籠られている方には、そろそろストレスも

溜まる頃かと思います。

 

少しの気分転換と心の潤い、免疫活性化(!?)に繋がれば幸い…と

ここにようやく配布のお知らせを案内致します。

 

サフィレットの写真が主体、それぞれがこのガラスに寄せる想いを

描いた、小さな同人誌本ですがオールカラー40ページ、色校正

だけでも10回以上。

 

お手元には配送(普通郵便)にて日本国内のみ、お届けします。

 

ご希望の方は印刷代実費と送料込の代金1冊1650円を下記の

口座にお振込み頂けます様お願い致します。

 

手順ですが、ご希望の冊数とお届け先のご住所を書いて頂き、

メールにてjellicour@gmail.com までお送り下さい。

下記口座のどちらかに1週間以内にお支払い下さい

●三菱UFJ銀行 神楽坂支店 普通0928281
            ジェリクール シミズ ミエコ

●ゆうちょ銀行 記号10090 番号79410261
            ジェリクール シミズ ミエコ

毎週土曜日までのご入金頂いた方、順次では無く、まとめて

翌週の金曜日までに発送

 

ネット振込が出来ず、でも自粛で振込先まで行きたくない

という方には柔軟に対応しますので、その旨お知らせ下さい。

 

また2冊以上、同梱同住所にお届の方は、代金が変わりますので、

以下の部数別総計価格を参考にして、お申込み下さい。

 

2冊希望→3190円

3冊希望→4700円

4冊希望→6180円

5冊希望→7780円(レターパックライト配送)

 

本は300部限定となり、増刷の予定は現在検討はしておりません。

 

冊数が少なくなりましたら、webの新着情報かブログにてご案内

致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * saphiret * 15:03 * - * - * - -

秋の実のネックレス

昨日の雨は遠い彼方。

 

今日は美しい秋の青空。

 

美しい秋の週末の始まりです。

 

届いた品の中にひときわ目立つネックレスは、

どうやらフレンチ。

 

マットなオレンジの粒がセットされた、デザイン

ロンデル(こんな言い方在り?)とスギアヤの

チェーンが交互に繋がったロングネックレス。

 

間に入れられた金色の飾り玉も、まるで栃の

実の様に個性的。

たわわに生った実の様に、今にもパン!と弾けてオレンジの種が飛び散りそう。

 

個性と個性が弾け合う、個性が際立つネックレスです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * Vintage Costume Jewelry * 10:07 * - * - * - -

装い行動学

〜お知らせ〜

フォト冊子『SAPHIRET à la mode』を

ご希望の方、冊子の在庫は充分にございます。

本日13時までお寄せ下さったお問い合わせには、

全て返信をしております。

 

朝からの曇天に、大粒の雨粒が襲来。

 

気圧の下がりに、気持ちも下がり、心は幾分沈みがち。

 

そんな時、心をアップするのは、やはり装う気持ちの

有無。

小さくてさり気ない…でもデザイン性は感じるフレンチピアスは到着早々。

 

マカロン型のグレージュ・パールにラインストーンの小さなドロップ。

 

こんな小さなピアスでも、着けると気分はアップ。

 

装身具含めた装いのマジックは、確かに存在するのです。

 

以前、一寸深刻なご病気になられたお客様の話ですが…その方は病院のベッドで朝起きてから、毎日着替えて身支度して過ごしていたそう。

 

 

そうすることで気分も変わり、その後の回復も早く、

役立ったとか。

 

よく良運を招くには、部屋を綺麗にすると良いと

言われますが、それはご自身に例えても同じこと

かもしれません。

 

小さくてもピアスやイヤリングを着ければ、髪を

整え、装いも整え…と変化する事もあるでしょう。

 

行動から変える気持ちの変化術かもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * Vintage Costume Jewelry * 13:28 * - * - * - -

衣替えマスク

カントリーサイドに赴くと、既に木々の緑は茶色へと

変わりつつある10月。

 

布マスクも、秋の模様に衣替え。

 

挿し色は?

 

やはり茶色と相性の良いサフィレットでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * saphiret * 13:33 * - * - * - -

ハロウィン

〜お知らせ〜

フォト冊子『SAPHIRET à la mode』を

ご希望の方、冊子の在庫は充分にございます。

本日12時までお寄せ下さったお問い合わせには、

全て返信をしております。

 

気付けば、今年もあともう少しでハロウィン。

 

マスクをしての仮装になるか?

 

密なる事は出来ぬゆえ、今年はこじんまりと主張

という方も多そうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * Vintage Costume Jewelry * 12:41 * - * - * - -

光るキノコビーズ

ガラスビーズのロングネックレスの、もう一つの正体は

…ウランガラス。

 

夜の森にひっそりと生え、夜な夜な光るキノコの様相感

たっぷり。

 

昼の陽の下で見た時は、ラヴェンダーの光沢が目立ちますが、ブラックライト下では、蛍光のウランが際立つ、この摩訶不思議な様想。

 

 

人里離れた奥の奥、ビーズの森の秋の色彩です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * Vintage Costume Jewelry * 09:11 * - * - * - -

秋の実ビーズ

秋の落ち葉や腐葉土の色達を重ね、練り上げた様な

印象のオトナカラーのビーズを、グラデーションで

繋げたソトワールは、どうやらフレンチ。

 

艶々と、照りの美しいガラスのビーズ達は、一つ一つ

手造りゆえ、全て個性豊か。

 

実りの秋、次の世代に繋げる為に地上に落ちて来た

未知なる実の様な印象にも感じます。

 

更に、このビーズには隠しのワザが一つ…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * Vintage Costume Jewelry * 13:00 * - * - * - -

How to ブローチ3

昨日の快晴、店を開けた途端にご来店。

 

そのままその後は入れ代わり立ち代わりと人が

切れずに突っ走り、気付いたら夕方閉店時間

でした。

 

お電話まで頂いた方にも、応対が不完全となり、

申し訳ありませんでした。

最近の店長のお気に入りアレンジは、ブローチの多数使い。

 

3つも着けたら重いんじゃない?という疑問を他所に、少し生地が厚めになるこの時期ならではの、重ね付けアレンジメントに試行錯誤。

 

二つは樹脂製ブローチで、ベビーパールが並んだ円形クラスターは、フランスのルイ・ロスレー製。

 

コツはそれぞれに少しずつ繋がる為の共通性を持たせる事…でしょうか。

 

ブローチは一つだけなんて勿体無い、好きなものは全部着けたい!という方も居られる筈。

 

そんな方へのご提案です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * Vintage Costume Jewelry * 12:03 * - * - * - -

How to ブローチ2

〜お知らせ〜

フォト冊子『SAPHIRET à la mode』を

ご希望の方、冊子の在庫は充分にございます。

 

冴えた緑が美しい、チェコスロバキア、ボヘミアン

グラスがセットされたプチサイズのレースピンは

1920年頃の品。

 

周囲は6個のローズモンテ。

編み込んだ細やかなレースの様に、細やかなメタル細工。

 

もうこんな細かい仕事をする原型を作る職人は、世界中探しても見つからないかと。

 

そういう意味では、小さなレジェンドです。

 

夏から実りの秋へ。

 

未だ緑のまま、地上に落ちてきたドングリの実の様な印象の、珠玉のブローチです。

 

 

 

 

 

 

Jellicour * Vintage Costume Jewelry * 16:05 * - * - * - -
このページの先頭へ