<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

純白気分

旅先で自分用に買い求めた物は、エジプト綿素材の

枕カバー、ネル素材の布団カバーにベッドカバーと

寝具周りモロモロ。(何しに来てるのと言われそう

ですが…)

 

正直寝具に関しての選択肢は欧州製に敵う所無し。

 

タオル等も、ガッシリ&モコモコ製がお好きなら、

やはりこれもまた欧州製がベスト。

 

洗濯&乾燥機で酷使しても、10年経ってもびくとも

せずに使えます。

 

店長的にお好みは、どれも全て純白カラー。

 

どうにも、今年の春の気分は『真っ白』の様です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * Voyage   * 14:20 * - * - * - -

黄昏白

ハイドパークの大きな池で見かけた白鳥は、日本に

飛来するロシアの白鳥よりも、ずっと大型。

 

きっと公園に遊びに来る子供たちに可愛がられ、

沢山美味しい物を貰って肥満気味(?)の様に思い

ます(笑)。

 

陽はとっくに落ちているのに、残照と夜の闇が

交じり合う世界の中でも、白色はくっきりと

浮かび、ぼんやりと夕闇に溶け込んで行く周囲の

風景の中で、自ら発光して輝く様に、水の上を

優雅に泳いでいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * Voyage   * 12:52 * - * - * - -

スノウドロップ

何だか異常に暖かい気温の中での滞在になった

今回の欧州旅。

 

昨日は気温15度と、ほぼ春たけなわの様。

 

この気温に勘違いしてか、春の最初の花スノウ

ドロップが満開のロンドンど真ん中に在るハイド

パーク。

 

一日中ロンドンを走り回った後なのに、更に

名残のお散歩とばかり、夕闇迫る中お散歩

しながらの帰宅。

 

しっとりと湿るイギリス独特の空気の中、

疲れを癒してくれる春の香りを乗せた風に

吹かれながら、1時間もフラフラ。

 

小さな釣鐘型の白い花が群生しているサマは

可愛らしさそのもの。

 

買い付けの怒涛の日々も、そろそろ終盤です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * Voyage   * 00:16 * - * - * - -

冬のお楽しみ

冬の旅の楽しみは、多くのホテルがキャンペーンで

格安で泊まれること。

 

今回選んだホテルも、地下鉄液から徒歩1分の4つ星で

ハイシーズンには1泊3万円にもなる所が半額以下と

ラッキープライス。

 

故にか部屋には高級ホテルの代名詞、バスローブが

備え付け。

 

欧州のタオルは、日本と違い『重い』と感じるほど、

厚くてフカフカ。

 

お風呂から出た後は、バスローブにくるまれて、部屋

備え付けのエスプレッソマシーンで、コクの在るコーヒー

を味わいながら大型テレビでBBCドラマ鑑賞…なんて

優雅な時間は全く無く。

 

はい、これから半分時差ぼけの頭を抱えて事務仕事に

励みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * Voyage   * 07:24 * - * - * - -

雲の上から

3月の催事準備で、一度はキャンセルしたものの、やっぱり

この時期しか行くことが出来ない!とばかりに、再度、取り

直した航空券。

 

今から雲の上をピュンと飛んで、遥か欧州へと向かいます。

 

店とWebは本日から来週水曜まで、お休みを頂きます。

 

ブログは毎日更新(の予定…)、メールは24時間繋がります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * Voyage   * 10:33 * - * - * - -

飛翔

最終日、東京に向かう途中の列車の窓からは、餌を探す

遠いロシアから訪れた白鳥達と今年も出会えました。

 

枯れた田んぼにいる白鳥達はいつも団体行動。

 

その歩く姿はヨチヨチと首が長い分だけ心もとなく、水の

上で泳ぐ、イェイツの詩に読まれる様な、優美な印象とは

一寸違う動きですが、翼を広げた姿を見るとやはり圧巻。

なかなか白鳥の様に美しいままには、行かないかもしれませんが、今年も飛翔することを恐れず、進みたいと思った一瞬です。

 

明日8日(火)からは、通常通りの営業となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * Voyage   * 19:29 * - * - * - -

晴、曇り、雨、雪のち…?

〜お知らせ〜神楽坂店舗は、1月8日(火)より営業

致します。

 

只今店長の滞在する地は、テレビニュースでの天気予報では

必ず雨、もしくは降雪と表示される場所。

 

ですが真実は、現時点(朝8時)では美し〜く晴れています。

 

『女心と××県』とでも言いたくなるような、晴れて、曇って、

雨から雪へ…その変わりザマは落ち着きようが無いほど、

コロコロと変化。

 

今日はこれからこの地で暮らす友人達と新年会。

 

せめて午後までは、この状態を保てよと願いつつ、出掛けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * Voyage   * 08:25 * - * - * - -

ネコの居る場所

まだまだ冬休み中の店長。

 

明けの来週からはがっつり働き出しますので、ご容赦を。

 

今日はネコの居る、温泉地のカフェへ。

 

静かな山間の集落にオープンしたての古民家喫茶は、

オーナーさんが、お客様の顔を見てからスコーンを焼き

始め、出来立ての熱々が供されてゴキゲン。

 

傍らにはネコが気持ちよさ気にスヤスヤ。

 

いつでも何処でも、居心地のいい場所を探し当てる

天才のネコに導かれ、午後の時間を今年新たに挑戦

するコト等々…心の引き出しを整理しつつ、過ごして

います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * Voyage   * 14:20 * - * - * - -

グレイヘア・ビュー

旅先の通過点。

 

シンシンと降り積もる雪に、全てが覆われていきます。

 

このモノトーン具合、まさにグレイヘア。

 

白いほどハレーションを起こし、反射して、周囲は見えなくなってきます。

 

髪が白くなるというのは、そういう狙いもあるのかも…と、自然の摂理を

考えてしまうこの頃です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * Voyage   * 12:06 * - * - * - -

光射す海

今年も年末年始を寒い地方で迎えた店長。

 

気温5度以下の昼間、気ままに海沿いに出掛けてみたら、

さっきまで雪が降らせていた雲を、太陽が割って、光が

差し込み、色の無い海の中に、色と輝きが沸き上がり

ました。

風景は、まるで宗教画のように美しく、色のある世界の

美しさに見とれていた時、ふと海岸に目を落とすと、

たった一人、カイトサーフィンをする為に海に入ろうと

するボディスーツ姿の若者が。

 

白波が立つほどの風ですから、操るのも命がけでしょう。

 

こんな極寒のなかでも、一人好きな事に挑む姿に、

憧憬と共感を抱きました。

 

今年も好きな事とモノを、どこまで追い求める事が

叶うでしょうか。

 

暫し煌く光の下で考えた、新年の想いです。

Jellicour * Voyage   * 15:54 * - * - * - -
このページの先頭へ