<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

オーダーパール

久々に注文を受けて造ったのは、大玉10ミリのフェイクパールの
ショートサイズより短い、ドッグカラーとも呼べる短い2連。

首の根元ギリギリ、鎖骨の上にの窪み上に2連目が来るように
着ける為、ほぼこのタイプはオーダーでしか造れません。

勿論長さを変えられるアジャスターすらも、首後ろをスッキリと
見せる為に付けるのは論外。
2連の小さなクラスプだけでまとめています。

でも長さがピッタリ決まると、オーダーメイドのシャツの様に、自分
だけの長さになるという爽快感が。

余程が無い限りサイズが変わり難い首元。
慶弔用に1連を持つ方は多いのですが、実は2連以上のタイプも
持たれるととっても便利。

パールはフェイク、本物関係なく、重ね着けが楽しめる素材。
数種の長さを幾つか持って、アレンジすると便利。

パールの白さが肌をより白く、透明感溢れさせて見せる為に、
年齢が増すほどに持つべきマストアイテムの一つとも思います。































Jellicour * モダンアクセサリー * 11:44 * - * - * - -

暖房装身具

〜お知らせ〜12日、13日は連休となります。

アクセサリーデザイナーの友人にオーダーしていたネックレスが出来て来ました。

純白の毛糸とフェルト、ヴィンテージパールやパーツを使った、襟形のネックレス。 

顔周りの『白』…掟通りのルールに乗っ取って作られた(笑)、冬にはぴったりの可愛くキュートなホカホカ装身具です。
















Jellicour * モダンアクセサリー * 22:40 * - * - * - -

めめんともり

昔々今よりは遥かに死が近しい時代に流行した思想「-汝、死ぬということを忘れるなかれ-」という意味あいを込めてドクロを現した装身具、通称「メメントモリ」が流行した事は、ちょっとアンティークに詳しい方ならご存じでししょう。
勿論本物は時代がかなり限定されている上にマニアな品故かなり高価な物。
「でもなぜだか最近ドクロが気になるのよね〜」…なんて声をあちらこちらから聞いたりします。(私個人では映画『パイレーツオブカリビアン』の影響も有る?と思うのですが)
そんな方には下の様なドクロならば如何でしょうか?
このペンダントはフランスのビーズアクセサリーデザイナーインゲ・レックス女史による品。
ヴィンテージのメタルビーズを敷き詰めた上に、眼は淡水パール、歯は白いラインストーン、さらに小さなグレーの淡水が下がったキュートなガイコツペンダント。
パリの真ん中、歴史ある広場に近い小さな工房を兼ねたお店で、いつもいつも細い針を使ってチクチクと布にビーズを刺して作業しているインゲさんの姿がガラス張りのウィンドウ越しに見え、そのマクロな作業はいにしえの時代のレースを編む職人や、ローマンモザイクを制作する緻密な作業をこなす職人さんを彷彿とさせます。
インゲさん曰く「一部にヴィンテージビーズを使うことでグッと雰囲気が出るのよ!」とのこと。
不気味なドクロは敬遠気味ですが、こんなユニークなムンク顔のドクロなら、ちょっと着けてみたい気分にさせる、これもまたオトナカワイイ装身具と思うのです。
Jellicour * モダンアクセサリー * 09:48 * - * - * - -

秋のブラック・バタフライ

ヨーロッパの買い付けより戻りました!
買付けは大抵がいつも一人がルールなのは、ちょっと時間が取れるとあてもなく街をぶらつく為。
カフェのイスに腰をおろし、ボーっと街行く人々を眺めていると、今どんな物や事柄が街で流行しているかが判ってくる、私にとってはいわば重要なマーケティング時間になるからです。(これが誰かと一緒だとおしゃべりに夢中になってしまうので…)
秋の入り口のパリで、珍しく街角ですれ違う多くの女性達が一様に着けていたネックレスが左の写真の物。
薄いメタルをレーザーで型抜きしたフィリグリーの蝶々を、チェーンでリンクしたロングネックレスで、墨の様に真黒に艶消しの塗装で加工されているのがちょっと面白いところ。
この加工は今から20年前に日本でも流行った技法で、丁度私がアクセサリー業界に入った頃かなりの量を作った記憶がある、懐かしいスタイルのものでした。
今年はボリュームのある大振りの樹脂やジャラジャラ系の装身具が流行の兆しですが、この蝶々のネックレスはボリュームがありながらも繊細さを残し、いかにも大人の女性の為のエレガントさを感じるアクセサリーというところから、多くのパリの女性の心を掴んだのではないでしょうか?
蝶のモチーフは一昨年から注目はされていましたが、この秋もまだまだ続行中。
オトナカワイイモチーフ装身具に進化中です。
Jellicour * モダンアクセサリー * 12:56 * - * - * - -
このページの先頭へ