<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

再会

パリに移動し、落ち着いたいつもの場所で、やって来た猫の

『モフモフ』に、今年も再会出来ました。

 

モフモフは店長が勝手に名づけたのですが、名前に違わず

グレーの密な毛並みっぷりは健在。

 

もうお互いに再会のハグしてチュ〜して、大満足。

 

何やら新しい仲間も増えて、愉快なネコとの生活が始まる

店長のパリ滞在です。

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニューフェースの下の子はまだ子猫。

 

痩せたモンちゃんを彷彿とさせるので、名前は『スリモ』と命名。

 

怖い物知らずゆえ、他人の家でも堂々。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * ねこ * 05:58 * - * - * - -

一周忌

〜お知らせ〜 18日、19日は定休です。

 

気付けは、今日18日は猫のもんちゃんの一周忌。

 

先日はお花まで届けてくださる方もいて、感謝感激。

 

かと思えば、まだまだ知らない方もいて「今日は猫

いますか?」と訪れる方もおられます。

 

皆様に愛された猫のもんちゃんは、今日もあの世で

虹の橋を、ダイエットのために行きつ戻りつして

いるかもしれません。

 

猫なのに、お父さんみたいに頼れたタノモシイ子。

 

そういえば、今日は父の日でもあるのですね。

 

いつかまた、何処かで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * ねこ * 11:20 * - * - * - -

パリのニャー

今回何が嬉しいって、パリの滞在先の部屋に遊びに来る、ニャーに再会

出来たことでしょうか。

 

まん丸のいかにもネコらしいシェイプの彼女が、おずおずと部屋を覗いて

いる時にハタと目が合い、招き入れ、暫し再会のじゃれ合い。

 

「ちょっと太った?」「店長もね〜」…なんて会話したようなしない

ような。

 

この再会がまたあります様にと願いつつ、パリを後にした店長は、もう

直ぐ日本に帰ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * ねこ * 18:04 * - * - * - -

ニャーの缶

頂き物のお菓子は、キュートな猫缶。

 

中のスイーツは普通でしたが、缶の可愛さから、なかなか

入手困難なる品とか…。

 

顔に乗せたのは、イギリス製のシルバーチャームのネコ。

 

尻尾が無い所を見ると、マン島という小さな島でのみ繁殖

した尻尾無し猫、マンクスの様。

 

イギリス人はこうした各地の御土産チャームをこよなく愛し

出掛ける度にこうしたチャームを入手して、パドロック付きの

チェーンブレスに、記念日毎に下げています。

 

日本のガチャガチャの元祖を見る思いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * ねこ * 11:35 * - * - * - -

起こさないでね

モンちゃんがいないせいか、外猫が気になる店長。

 

海外でもネコを見かけると、手を出さずには居られません。

 

その日見かけたニャーちゃんは、回収の終わったゴミ箱の

上で、気持ちよさげに昼寝中。

 

思わずナデナデしたら、思い切りムッとした顔で睨まれ

てしまいました。

 

その顔には「起こすなよ!」の文字が…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * ねこ * 09:33 * - * - * - -

さよなら、またね

折角お友達になったのに、もうお別れの時を迎えた

お隣の親友ニャーちゃん。

 

旅立つ前夜、一人と一匹でお別れのじゃれ合い。

 

沢山ナデナデして、グリグリとこねくり回して、お別れのブチューして、お互い(?)名残惜しさ120%。

 

でも下の写真は…何だか喜んでいるみたい?

 

髭の生えているフグフグの所が扁平のまっ平ら。

 

前歯が出っ歯気味の、何だか日本人みたいな顔、お腹を出して甘える仕草はタップリするのに、何故か一度もゴロゴロと喉を鳴らすことが無かった不思議ニャー。

 

また逢えるといいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * ねこ * 00:13 * - * - * - -

ニャーの来る部屋

 

 

まだ半分はバカンスに出掛けているパリのアパートメントに滞在の店長。

 

どうやら並びのおうちにて飼われている、フランス原産シャルトリュー種のフカフカグレーのニャーちゃんが、時々覗きにいらっしゃるという、楽しい部屋に当たりラッキー!!

 

昼夜ぐるりとベランダを散歩を楽しんでおられる様。

 

昼間公園でゲットした羽をおとりにしたら、あっという間にお友達化成功!

 

もはや、マブダチ。

 

天国のもんちゃんが、ヒマしている店長に送ってよこしたのかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * ねこ * 07:25 * - * - * - -

もんちゃんの旅

もんちゃんはさすらいのネコ。

 

彼の旅は、東京の海岸付近から始まるそうです。

 

モノゴコロ付く頃から既に親も兄弟も居らず、天涯孤独。

 

野良のコミュニティで暮らすもんちゃんは、それでも時々

餌をくれる人間たちが、特定の猫を可愛がる様子を見て、

どうしたら自分もああいう風に可愛がって貰えるのだろう

かと、必死で考えたそう。

 

野良だけど、自分もたっぷりと愛されたいという、強い

願望、希望、野望を心に持ったのだとか。

 

さすらう中、どうやって神楽坂に来たのかは解りません。

 

でもこの地で人に初めて飼われ、餌をたっぷり食べ、安ら

ぎの寝床を持った後、時々連れていかれる神楽坂のお店で、

訪れる多くの人に囲まれて注目される様になったもんちゃん

の願望は現実となり、ここ数年は雑誌取材、テレビの取材と

タレント猫の如くになった時、彼の夢、野望が開花した

との事でした。

 

昨年6月に開催された、お台場での猫フェスタのトップ

ゲストとして招待された時が、彼の絶頂期。

 

その後、野良ネコ出身ゆえに、子供の頃の栄養不足も

あって、徐々に体力が衰えたようです。

 

以上のことは、縁あって先日お会いした、新潟のアニマル

コミュニケーター陽葉さんが、もんちゃんの気持ちとリンク

して、伝えてくれた事です。

 

もんちゃんの気持ちに同化すると、本当に多くの人の顔が、

次々浮かんで来るそう。

 

いつも店では、じっとドアの所に佇んで、表を見つめて、

誰かが自分を見つけてくれるのを、ひたすら待つのが

日課でした。

 

誰もがもんちゃんを見つけると、ニコニコと笑い、果て

にはドア越し撮影大会に至りましたが、いつも堂々ポーズ

を決める様子に、誰もがびっくりしていたのが、何よりも

楽しい思い出です。

 

可愛がって下さった皆さんの笑顔を胸に抱きながら、

彼は天国への階段を登っています。

 

その人生に、心残りは1ミリも無いそうです。

 

最後になりましたが、カメラマンの南幅様、TBS、CSTVの

スタッフ様、散歩の達人の編集部、カメラマン様、そして

何より彼を可愛がって下さった貴方に、彼に代わり、この

メッセージと、心からのお礼を再度述べたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * ねこ * 12:27 * - * - * - -

心からありがとうございます

ネコのモンちゃんが天に召されたお知らせから数日、

大変多くの方より、お悔やみメール、励ましのメール、

等々頂く事になり、大変恐縮しております。

 

皆様に愛されて、超ウルトラ幸福そのもののネコ

です。

 

写真は亡くなる1週間前のモノ。

 

最後までコロコロとふくよかな感じは変わらず、自らの

さだめを理解する様に、静かに逝きました。

 

誰からも可愛がられる事が、一番の本望だった様。

 

思い残すこと無く、きっと天国へまっしぐらです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * ねこ * 14:30 * - * - * - -

星になりました

とても残念なお知らせをしなければなりません。

 

長きに渡って、皆さまに可愛がって頂き、お店の大事な大事な

存在でもあった猫のもんちゃん。

 

実はこの数ヶ月、体の調子が思わしくなく、大手術をするなど

入退院を繰り返していました。

 

高血圧からの網膜剥離、悪性腫瘍と次々困難が降りかかり、

それでも頑張って復活しようとしていましたが、とうとう力尽き

星になりました。

 

生前可愛がってくださった皆様に、もんちゃんに代わって

心から御礼を申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * ねこ * 15:29 * - * - * - -
このページの先頭へ