<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Autumn Metallic

店の新着と共に、webにも本日夕方5時から更新

予定。

 

秋のテーマはメタリック。

 

今秋ファッションの流行が比較的落ち着いたBakedカラー。

 

地味色とも言える色彩群ゆえ、その一寸濁った色味を

活かすのには、金属質の装身具を配するのがベスト!

という回答に行き着いた次第。

 

メタリックカラーと言えば、その代表は金、銀、カッパー、

ガンメタル等。

 

もっと細かく分けると、金も純金カラーか、銀に近い、

くすんだ金か、銀もピカピカか古美色か…とかなり細かく

分割出来ます。

 

どのメタルカラーがぴったりかは、個々の肌色と深く関係

してくるため、顔に近いアクセサリー程当店では神経を

使って選んで頂いてます。

 

自分に似会うアクセサリーを持つとは、最強の武器の

一つの様な物。

 

そこに値段の高低は関係なく、一言で言うならば

「センス」だけがモノ言う世界となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * Shop News * 12:48 * - * - * - -

新着と更新

週明け17日(火曜日)夕方5時より、

webにて新着更新を致します。

 

大型幸運ドングリのブローチは、フレンチ。

 

アメリカのトリファリの葡萄ブローチ、今秋流行の

ベイクドカラーのアクリルドロップのイヤリングは

イギリス。

 

トパーズ色のリヴィエールに、ロスレーのガラリス

ネックレス。

 

お馴染みキュートなリボンのペーストに、神秘色が

冴えるサフィレット。

 

シックな秋の色に染まる店内も、併せてご来店、

ご覧ください。

 

web商品のご購入受け付けは、同日夜9時から。

web内のご購入フォームかメールにてお寄せ

くださいます様、お願い申し上げます。

 

 

Jellicour * Shop News * 12:25 * - * - * - -

更新です

お待たせの、更新です。

 

先日の欧州にて仕入れした品達は、夏の香りがたっぷり。

 

珍しいのはアメリカ、トリファリ社の極初期のサインが

あるアールデコのブローチ。

 

このところ人気が出てきたドイツのSchreiber&Hiller社の

まるでジュエリーの様に丁寧な造りが楽しめる、ライン

ストーンのブレスとイヤリング。

 

イギリスにしては(!?)凝っている、まるでフレンチのマフ

チェーンや、碧のメノウと馬蹄を組み合わせた、ラッキー

モチーフの象徴の様なネックレスに、スフレパールの大粒

ピアス、お馴染みロスレーはサマーホワイトからピンクや

ブルーパールまで…と数は少なくとも、厳選。

 

本日午後3時に画像を更新、そして夜9時よりweb内の

ご購入フォーム、又はメールにてご注文をお寄せ下さい。

 

また、お買い上げの方先着6名様に、パリのお土産では

定番の、モノプリの今夏プリントによるエコバックを

プレゼント。

 

畳むと小さなバックにも入る大型エコバックは、バンビ柄

からエッフェル塔、虎柄やシマウマ柄と楽しさ満点で、

店長も既に使い始めて数年のモノプリ、エコバッグですが、

ヘタレず、伸びずの優秀物です。

 

Jellicour * Shop News * 12:55 * - * - * - -

テーマはSPLASH!

いよいよ6月。

 

迫る梅雨の季節を超せば、今年もきっと暑い夏がやって

来るでしょう。

 

お待たせの、WEBと店の新着ご案内です。

 

ロスレーによる、美しいブルーのエイレットビーズから

アイリス、ウラン、サフィレットの偏光ガラス達。

 

深海からブルーラグーンの水しぶきを思わせる、海色の

樹脂製ビーズの数々。

 

ポップなトリファリの苺や、キュートなバレリーナイヤ

リングの多くのモチーフ。

 

令和最初の夏のイメージに集めた装身具50点、まずは

6月3日(月)夕方5時からweb上で画像更新致します。

 

ご購入の受け付けは、同日の夜9時から、WEB内の

ご購入フォームか、メールにてお申し込みください。

 

そして翌日4日(火)から、店内を水しぶきの夏色に染め

ます。

Jellicour * Shop News * 11:41 * - * - * - -

グレイヘア

撮影にアクセサリーをお貸しした、3冊目となる

グレイヘアの本が出来上がって来ました。

前作2冊までのハウツーから比べると、写真も含めて全てがアーティフィシャルな仕上がりとなっている趣です。

 

巻頭を飾る近藤サトさんが着けて下さっているイヤリングは当店の物。

 

グレイに染まる髪の中、大粒の下がりのイヤリングは目を惹いて、白髪を誤魔化すというよりは、グレイに溶け込ませるという、相乗効果を狙っての印象は成功の様。

一寸大振りでアートな印象のイヤリングは、やっぱりオトナ女子の為にあるモノ…と確信します。

 

この品は撮影直後に売れてしまいましたが、こうして本になっている事に、ご購入された方はお気づきでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * Shop News * 13:07 * - * - * - -

桜の続き

先週まで開催の20周年の春の展覧会は、桜の

開花と同時進行。

 

お花見を楽しみつつ全国からのご来店頂いてた

皆様には、目にもお腹にも満腹であったなら

感謝です。

 

昨日はまたまたの寒の戻り。

 

遅咲きに咲いた桜の花と、散り行く桜が同時に

楽しめそう。

 

既に通常営業ですが、ボケボケ店長は未だ先週

の長い夢の時間から戻らす。

 

ディスプレイが未完の処は、笑ってお許しを。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * Shop News * 12:39 * - * - * - -

お待ち申し上げます


休み返上しての3人による飾り付け、大変楽しい時間と

なりました。

 

外は桜が満開で、店内は只今サフィレットが百花繚乱。

 

どちらも楽しんで頂けるかと思います。

 

一日の締めくくり、ジャルダンノスタルジックで出会った

薔薇は、この場には相応しい、その名も『ヴィンテージ・

レース』。

 

淡いバイカラーが、サフィレットの如く楽しめる、一寸

希少な色合いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * Shop News * 09:51 * - * - * - -

後は開けての…

明日から開催のSAPHIRET à la mode展に向けて、

粛々と飾り付け進行中。

 

サフィレットだけを飾り付けた店内は、夜明け前の

薄明かりが見え始めた、地平とその空を見ている

ような気分。

 

ともあれ、桜の花もジャストな咲き具合の様で、

外も中も百花繚乱の如く。

 

皆さまのご来店、楽しみにしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * Shop News * 09:53 * - * - * - -

少し更新

僅かですが、先日買い付けをした新着の更新を本日

昼12時から行います。

 

ネックレス5点、ブローチ5点、イヤリング10点、マリ

アージュ5点の総計25点。

 

サフィレットは、月末からの20周年展覧会にて。

 

ゆえにそれ以外の品ばかりですが、ロスレーの春色の

ネックレス、アイゼンバーグやワイズの重厚味のある

造りの、美しい輝きのラインストーンのイヤリング。

 

素材の多種と、軽やかな印象のブローチ。

 

どれも着ける人の装いと肌の美しさをフォローアップ

してくれるはずです。

 

ご購入の受付は、いつもの様に夜9時から、サイト内

ご購入フォームもしくはメールにてお寄せ下さい。

 

ご質問などございましたら、営業時間内迄となりますが

お気軽にお寄せ下さい。

 

 

 

 

Jellicour * Shop News * 09:30 * - * - * - -

忘れていません

SAPHIRET  à la mode展の準備ですっかりおざなりに

なっている様に思われる、買い付け後の更新。

 

こちらも同時進行で粛々と進めています。

今年の春は、どうやら眩しいばかりのキラキラと、春らしい色合いの品が集まって来ていて、ハレーションを起こす撮影に四苦八苦。

 

画像はフランスロスレーの、桜色のビーズとパールとヒスイ色のビーズのデザインネックレス。

 

繋ぎに差し込まれている、ほんの僅かのメタルパーツの存在が全体を引き締めて、よりビーズのみずみずしさが引立ちます。

 

これらの品を含めた品々、明後日にwebで更新の予定です。

 

 

今日3月11日は、8年前東日本大震災が起きた日。

 

あの日の事は、記憶の在る方には忘れる事の出来無い

事柄と共に、未だ復興には遠く離れたままの生活を

送る人々が居られるのも事実。

 

今も特集番組を見ながらこのブログを書いています。

 

日本は災害の多い国なのに、避難所でのスタイルは

何十年間も変わらないまま、食事ですら冷たい物が

殆ど。

 

でも世界基準では、その場で造る暖かに食事が既に

主流だそう。

 

忘れてはいけない、何時か私たちも遭遇するかもしれ

ない災害に置き換えて、心に準備しなければ…と

考えさせられています。

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * Shop News * 09:18 * - * - * - -
このページの先頭へ