<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

広告耳飾

〜お知らせ〜

フォト冊子『SAPHIRET à la mode』をご希望

の方、冊子の在庫は充分にございます。

本日12時までに頂いたお問い合わせには、全て

返信しております。

 

黒いドロップカットのピアスはフランスから。

 

下の物は1930年代当時の同じスタイルの、おそらく

雑誌のイヤリング広告ページ。

 

ファンシーカット、ブラック、ジェット…と、流行

コピーも添えられています。

 

この時代は未だ商品を写真で撮り込む事をして

いなかった為、多くはイラストレーターの方が、

忠実に描いて表現していたのでしょう。

 

『絵と文字』が伝える為にいかに大切であったかが

解ります。

 

AIが登場することで、無くなる職業というのもある

のが昨今ですが、それは遥か昔から存在していた

セオリーなのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * Vintage Costume Jewelry * 12:32 * - * - * - -

王道真珠

先日一寸だけ固い契約ごとに向かうのに、着けた装身具は

真珠のセット。

 

珠は直径9mmのホワイトで、長さは店長の首回りに合わ

せている37cm。

 

そして選んだイヤリングは、フランスロスレーの大小

パールの同色タイプ。

 

この組み合わせは、そうした席では、最大活躍する、

鉄板の装身具。

 

本真珠である必要は全く無し…というか、むしろ本真珠

で無い方が、手軽に気軽に使えます。

 

席の具合によっては、イヤリングに光りモノを取り込み、

もう少し華やかなモノも良し。

 

おそらくこれは死ぬまで使えるお便利装身具。

 

間違っても断捨離しては、イケマセヌ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * Vintage Costume Jewelry * 13:45 * - * - * - -

イヤリング万博

ようやく秋の風を感じる季節。

 

益々、店長の紫『萌え』が止まりません。

 

画像はそんな紫を中心としたイヤリング達。

 

大小様々、そして造られた国も、アメリカ、フランス、

チェコスロバキア、西ドイツ、日本…と実に多様。

 

まるでイヤリングの世界万博。

 

デザイン、色、素材、造り…それぞれのお国柄も

あったりして、なかなかの多様性が楽しめます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * Vintage Costume Jewelry * 13:48 * - * - * - -

秋茄子

嫁に食させない秋茄子ですが、体を冷やす効果が

ある為に、宜しくないとのこと。

 

でもこの茄子イヤリングは、大丈夫。

 

身に着けていても、体は冷しません(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * Vintage Costume Jewelry * 13:20 * - * - * - -

紫のヌーボー・デコ

1900〜20年頃に製作された、チェコスロバキア製と

思われるレースピン達。

 

ガラスは直線なのに、枠は曲線だったり、その逆も。

 

アールヌーボーとアールデコの丁度端境期に

造られたモノ達の、豊かなデザイン性には毎回

多くの種類と出逢うたびに、心が躍ります。

 

それを『ヌーボー・デコ』と名付けたのは、確か日本の

西洋骨董を永く扱う、重鎮のディーラーさんだった

かと…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * Vintage Costume Jewelry * 14:24 * - * - * - -

ブローチ始動3


 The定番と言えそうな、秋色使いのブローチ。

 

アンバーブラウン、モスグリーン、グレー、オパール…

本来多色になればなる程、組み合わせの難しさが増し

ますが、そこはセンスってところでしょうか。

 

カボッションは古いスタイルのハイ・カボッション。

 

枠の爪もデザイン含めた要素が強く、計算された

造りっぷりに唸った出逢い。

 

1950年代のオーストリア製の品には、ドキッとする

造りの確かなアクセサリーが存在します。

 

災害級の大型台風の襲来は困りますが、そろそろ

秋風が心地良くなって欲しいと願う9月の入口。

 

九州、沖縄地方の方々の、無事を祈る週末になりそう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * Vintage Costume Jewelry * 09:18 * - * - * - -

ブローチ始動

大きなガラスをサッと火で炙って、チーズの様に

トロリと表面だけを溶かした様な、色ガラスの

ブローチは、おそらくドイツ製。

 

少し濃いめのブルーとアンバー色は、秋の色の

イメージで。

 

大きな天然石の様に、不揃いのままにフレーム

のみに合わせて削り込んだ様な、ナチュラルさ。

お洒落さんは、既に秋物へと移行。

 

肌寒い時に羽織るスカーフを、サッと留めるブローチが活躍し始める季節です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * Vintage Costume Jewelry * 12:57 * - * - * - -

秋の香り

猛暑の折、今年も活躍してくれた北海道産ハッカオイル。

 

少量をマスクにかけたりこめかみに付けると、ヒヤリと

涼やかな香りが鼻孔に入り、一服の涼をもたらします。

 

いつも季節の入れ替え時になると、お声がかかる香りが

入れられるアンティーク、ヴィンテージの装身具。

 

ヴィネグレットと呼ばれる本来は気付け薬(酢)を

入れた所から始まりますが、古くは卒倒した女性に

嗅がせていたものも、近年ではお気に入りの香水や

アロマオイルをコットンや布に含ませ、しまえるペン

ダントや、実際の香水やオイルの液体を入れて使える

タイプ等、選択肢は様々。

吹きガラスのタイプはチェコスロバキア製。

 

空洞ガラスは上部にねじ込みがあり、別に造られた蓋がきちんと留まる仕掛け。

 

蓋にはエレガントな仕草で香水が着けられる様、細いガラスの棒まで付けられて、当時の丁寧な仕事っぷりが伺えます。

 

七宝にサフィレットは、フロントがスライド式に開けるタイプで、ここに香りを染みこませた布が仕舞える様になっていて、蓋をすると香はすれど、どこからかが判らず。

 

どれも楽しく使える道具としての装身具があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * Vintage Costume Jewelry * 17:08 * - * - * - -

黄昏色のクリスタル

7月頭には夕方7時頃が日没時刻だったのに、もう

気付いたら、今は6時も過ぎたら直ぐ。

 

夏の黄昏空は、雲の具合と夕陽の光の関係で、

ブルーベースになったり、茜色が強いときも

あったりと、様々に変化して、見飽きません。

 

まるで美しく彫刻された氷に反射する様な輝きが

楽しめる、フランス製のこのガラスビーズも、

光の受け取り具合で、様々な色に変化。

 

まるで未知の深海生物そのもの。

 

秋が待ち遠しい残暑です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * Vintage Costume Jewelry * 13:43 * - * - * - -

紅晩夏

俳人山口誓子氏の晩夏を詠ん歌「紅くして 黒き晩夏の

日が沈む」。

 

夏の終わりだけに見る事が叶う、赤い夕暮れ空の色。

 

山口氏はその太陽の色を、まさかの黒に例えています。

 

初夏の涼しげな透明色から、秋のマットな色彩へ変わる

夕焼け空に、いつも魅力を感じます。

 

画像はそんな晩夏の夕暮れ空を思わせる、艶感が際立つ

フレンチ紅色。

 

そろそろこんな色に染まる空が見られる楽しみの時期。

 

…と思って風流心に染まっていたら、「紅晩夏という

桃の種類があるけど、それじゃないの?」と友人。

 

最後は必ず食べ物に帰結す…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * Vintage Costume Jewelry * 12:54 * - * - * - -
このページの先頭へ