<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

文化のチカラ

昨日飛び込んで来た、痛ましい事件。

 

京都に在るアニメーション会社が、放火による火災で、

多大な被害者が出てしまいました。

 

被害者のご家族様、関係者様には慰める言葉もない程

悲しく辛い事件です。

 

日本の漫画&アニメーションの文化は既に世界旧知。

 

国も環境も全く違う所で生まれ育つも、同じ日本の

アニメをテレビで見ていたという事で、親近感を持ち

得た西洋人が、店長の世代でも、どれほどいた事で

しょう。

 

現在イギリス大英博物館でも、日本の『漫画&アニ

メーション』に特化した大規模な展覧会が開催中。

 

先々週居たロンドンの街中でも、関連のポスターが

随所に貼られ、若い世代が「絶対見に行かなくちゃ!」

と意気込んでいるのを見るにつけ「これは最早、

世界が認め喜んで受け入れ、そして万人が楽しんで

くれる、日本を代表する文化!」と誇らしく思ったモノ

です。

多くの人手を要するこれらの文化は、これからも

それに携わる製作側の若い担い手を無視しては育ちま

せん。

 

どうか、こういう悲惨な事件が、これ以上起こらない

事を願うのみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * エトセトラ * 12:45 * - * - * - -

7月のバイ・カラー

7月初日は、まだまだ続く梅雨の雨からスタート。

 

うっとうしい気温下、美味しいモノが食べたくて、同業

友人S氏と共に神楽坂のヌーベル・シノワズリー、

『ENGINE』のランチへ。

 

一寸贅沢なお任せコースのランチが、ここでは最強の

コスパ。

 

お皿の上では、もうとっくに夏が到来していて、コント

ラスト感満載のバイ・カラー酢豚などを含めた全5品

堪能。

 

緑のナスはまるで翡翠、黒酢であえた豚は、まるで

瑪瑙。

 

宝石の様なランチ、大変大変ご馳走様でした。

 

明後日から、突然ですが欧州へ。

 

 

4日(木)から10日(水)まで、お店とwebはお休みを

頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * エトセトラ * 11:13 * - * - * - -

朝宴

梅雨もそろそろ終盤の、気付いたら6月も終わりかけ。

 

街の紫陽花も色が変わり、花びらが落ちて、次なる花が

咲き始めそうな勢いです。

 

初夏の和菓子の代表「水無月」を、水無月(6月)の内に

食べるのを、すっかり忘れていた店長は、昨日慌てて

和菓子屋に行きゲット。

朝から雨模様の空を見つつ、曇天の下には、水に濡れた石畳の様な、三角形の水無月と共に、鮮やかなフーシャピンクを見せる初夏の花、芍薬を傍らに置いて。

 

今の悩みは、この水無月を冷茶で頂くか、アイスコーヒーにするか…。

 

なんて平和!!…な零和元年最初の6月の最後の土曜日の朝、出勤前の茶会です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * エトセトラ * 10:38 * - * - * - -

サマー・ホワイト

アヤメの庭園の次は、がらっと変って西洋庭園。

 

たわわ…という言い方がぴったりな程、白い小さな

薔薇が房状に咲いている庭。

 

肥料食いともよばれる薔薇は、国花になっている

イギリスでは、雑草の様な植物と聞きましたが、

ここ日本は土が貧しい故にか、肥料やりが大変な、

とても手間がかかる花。

 

こんなに見事にまとまって咲いているのを眺める

のは久しぶり。

 

美しいフランスレースを眺めている気分になって

しまいました。

 

夏はもうすぐ目の前に。

 

サマー・ホワイトが活躍しそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * エトセトラ * 14:07 * - * - * - -

夏至ヨガ

昨日の夏至の日は、『国際ヨガの日』でもあるとか。

夜から始まるヨガ教室に向かったら、灯りは消しキャンドルの光だけで過ごすという、スローライフの考えから来るイベント、『キャンドルナイト』のヨガを経験。

 

ほの暗い空間で行うヨガは、一寸不思議な感覚で、まるで宇宙空間か、逆に深海の中で動いている様な、上下左右の間隔が無く、周囲に人が居るのも気にならず、自分の五感だけを頼りに動く未知の生物になった気分。

 

床板に映る、ほんのりのキャンドルの光りだけが、僅かに

地上に居る事を認識させてくれた、瞑想の様なヨガタイム

でした。

これで空には満月でも浮かんでいたら、出来過ぎだったでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * エトセトラ * 12:11 * - * - * - -

地震

昨夜、寝入りばなに襲った緊急地震速報に、最初は

「遂に関東大地震来るか!!」と身構えたのですが、

一向に揺れず…。

 

寝床から起きてスマホをよく見たら、山形新潟方面

での地震でした。

極端に大きな被害は無かった模様ですが、余震など含めて、注意しなければならないですね。

 

揺れた地域にお住いの方々、どうぞご留意下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * エトセトラ * 12:32 * - * - * - -

初夏春咲

多くの花々を眺める事が出来た店長のゴールデンウィークは

標高差ゆえに浅い春から遅春の花々まで、たっぷりと味わう

ものでした。

 

今日なぞは、関東地方はもう「夏か!?」と思わせる気温に

なりそう。

 

そして明日から、まだ春に目覚めたばかりの大陸へと、買い

付けに参ります。

 

店は20日までお休みを頂きますが、メールは常時確認して

おります。

 

 

 

 

Jellicour * エトセトラ * 10:54 * - * - * - -

緑の始まり

明日からとうとう連休始まりなのに、今日は朝から冷たい雨。

 

つい2週間前はピンクの桜で縁どられていた、通勤途中にある

公園は、もう今朝は若く伸び行く緑ばかり。

春から初夏へと移動する、季節の色を感じて、思わず足を

止めてしまいました。

生け垣には、白いツツジの花が雨の中でも満開の花をさらしていて、この花色故にか、葉の色に春独特の透明感を感じてしまいます。

 

さて、連休中の営業ですが、明日27日(土)、30日(火)は営業。その後5月1日(水)から6日(月)まで、お休みを頂きます。勝手ながら何卒宜しくお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * エトセトラ * 12:21 * - * - * - -

季節と食

涼やかなガラスの器に、小さく盛られた緑の木々を

思わせる料理群。

先日訪れた神楽坂の季節料理屋の最初の八寸。

 

供されたお料理の飾りは、桜の後の新緑の若葉の色に変わっていました。

 

和食独特の細やかな季節の飾りは、いつ見ても心が躍ります。

 

春は山菜の季節で、雪の後からにょきにょきと生えて来る最初の植物たちは滋養に富み、食べると体の奥から疲れの芯の様なモノがフワリと抜け出して行くのが解る時があります。

 

ヨガでもこの時期は体が暖かさに向かい、緩まる時とか。

 

連休は、そうした山菜を食べに行こうかと計画中の店長です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * エトセトラ * 10:20 * - * - * - -

春の一番好きな花

春、土手や田圃のあぜ道に地に這うように咲く、

小さな青い野草花イヌフグリが子供の頃から

大好きな店長。

 

緑の草の中に、埋もれそうになりつつも、懸命に

咲く小さな姿を見つけるといつも「ようやく春が

来た〜」という気になります。

英名は『ヴェロニカ』で、和名では他に『星の瞳』というロマンティックな名を持つ花。

 

花言葉は『神聖、清らか』。

 

茎が短すぎるので摘んで花束にする事も叶わず、栽培されて観賞用になるわけでも、庭の草花になれるわけでも無く、気まぐれに野原を放浪する孤高の花です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * エトセトラ * 12:02 * - * - * - -
このページの先頭へ