<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

ショコラ!

〜お知らせ〜 24日(木曜日)神楽坂の店舗前、

夕方5時迄、地下鉄バリアフリー化の工事の為に

少々足場が不安定になりますが、店は営業して

おります。ご迷惑おかけ致します。

 

先日デパ地下に行ったら、もうバレンタイン

チョコレート商戦が始まっていて、ビックリ。

 

チョコレートは好きですが、美味しい物を、

ごく少量頂く程度で丁度良し。

 

昨年パリのディーラーさんに頂き、その美味

しさに驚いたのが、ア・ラ・メール・ド・

ファミーユのチョコレート。

 

深すぎず、あっさり過ぎずの丁度いいコクと

甘み。

 

フランス、スイーツ界の底力を知る想い。

 

日本には、まだ入っていないようですが、

そのうちどこかのデパートに入るでしょうか?

 

こうなったら、いっそ各ブランドのチョコ

レートだけの店がオープンしても良いかも〜

な程、日本人はチョコレート好き。

 

でもこれは、勿論自分チョコ用。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * エトセトラ * 12:42 * - * - * - -

見方、見え方

古い装身具は、低めの光源で見た方が、綺麗に

美しく見えるという事を忘れがち。

 

画像のサフィレットのブローチも、一見薄い

色合いに思えますが、明るさの輝度を落とし、

人工灯ならば、当時(1920年代頃)のルクス

程で見るか、自然光なら夕方日暮れ間近の

光源下で見てみると、不思議と思ってもいない

色彩と輝きが立ち上がり、周りの多面カットの

クリスタルも、同時に鮮やかな発光を始めます。

 

西洋と違い、ほぼ黒目のみの日本人の瞳。

 

目が良いせいか、ハッキリと明るい光の下で

品物を見がちですが、見え方としてのベストを

狙うなら、実は当時の明るさで見てみるという

事が、一番美しい状態で見る事が叶うという事。

 

宝石は、その灯下で見て一番綺麗という考えが

ベースで造られている事が良く判ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * エトセトラ * 12:35 * - * - * - -

流行考察2

買い付けの旅先で見かけることの多い、アンティークと

飲食業のコラボ。

 

アメリカもイギリスも同時進行の様です。

 

古い物に囲まれて時を過ごすという出来事に、人は

不思議な安堵感を感じるのかもしれません。

素敵な空間は多々存在するのですが、やはりモノの回転と共に、同種のものが入る可能性は確約出来ない世界ですから、次に同じ所に向かうと、大抵は残念な事になっている場合も多々あります。

 

同じベクトルで品を揃え続ける事も難しさを、本当に噛みしめる事が多くなって来たように感じます。

 

努力だけでも成らず、運と偶然と+アルファ(?)必然です!の声が遠くからコダマのように聞こえたりします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * エトセトラ * 15:12 * - * - * - -

流行考察

既に2019年の流行するものが、メディアでは

取りざたされていて、もう直ぐ新しい年が

始まる予感がしています。

 

それでは…と、店長も来年の流行を試行錯誤。

 

ネックレスのラインは、ロングかショートか、

ダークカラーかライトカラーか、etc…。

 

あれ?? でもうちはアンティーク屋じゃ?

 

新しい物とは逆行する時間軸で生きていますが

見つめるのは新しきモノ…という矛盾に、時々

目まいが起きそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * エトセトラ * 12:28 * - * - * - -

聖なる壁塗り

聖なるクリスマスイブ。

 

この日を選ぶかの様にやって来た、年内最後の大イベント

自宅の壁塗り。

 

「ナザレのイエスも大工だったし…」と自らを律しつつ

ローラー7個とハケを屈指して、ペンキ混ぜ混ぜの色造り

からスタートの大騒ぎ。

 

以前から憧れていた、ブルーのグラデーションは、高度

1万メートル上空の空色がテーマ。

 

4時間近く格闘して、出来は…まぁまぁ?

 

手伝ってくれた友人の建築専攻の息子君に感謝。

 

慣れぬ事した店長、本日筋肉痛にて店番也。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * エトセトラ * 12:58 * - * - * - -

花に癒されて

クリスマスと年の瀬で盛り上がる繁華街に出掛け、

あまりの人ゴミに酔って、フラフラになりながら

帰途に着く羽目に。

 

気分転換の道草をしたくて、奥神楽坂のジャルダン・

ノスタルジックにお立ち寄り。

ドアを開けた途端に、目に飛び込んできた彩りは、この時期ならではの華やかな色の花々。

 

まるで温室に飛び込んだ様な、百花繚乱の咲き乱れた花達に癒され、ようやく帰宅する気持ちが出来上がりました。

 

こんなインターバル(幕間)って、結構大事。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * エトセトラ * 12:04 * - * - * - -

Afternoon Tea

アフタヌーン・ティーを研究する友人が主催する、

茶会講座へ。

 

ティーセレモニーの王道、イギリス式アフタヌーン

ティーといえば、これでしょ!とばかりの3段

トレイの皿の上には、ハイカロリー、スイーツ&

サンドイッチがてんこ盛り。

イギリスでも日本でも、ホテルや一寸高級な喫茶では、必ず供されるアフタヌーンティーですが、お茶の歴史は欧州では意外に浅く、1600年代から始まります。

 

それまで生水以外はワインやビール、冷たい飲み物が中心だった生活に、中国を経由してお茶の葉と陶器が入れられ、熱湯で濾して冷めにくい陶磁器に入れて飲む『茶』の習慣が入り、同様砂糖も中南米の植民地から潤沢に入る様になり、一般に普及しつつ、スイーツ類は多々生み出されます。

 

確かに、暑い夏意外はお菓子を食べる時の飲み物は、

殆どが暖かいもの。

 

その中で、このいかにもイギリスらしい素朴な

『スコーン』という分厚いクッキーの様な焼菓子が、

アフタヌーンティーの絶対お供になったかは判りま

せんが、うやうやしく出されるトレイの最下段に、

一寸場違いなほどな雰囲気のこのスコーンが登場

すると「さぁ、お茶の時間の始まりよ!」という

スイッチが入った気分になるのは不思議。

 

イギリスは、お茶の習慣は我々から始まるモノ…

と言わんばかりに、多くのドラマの中ではお茶を

飲むシーンが使われていて、楽しい場面となって

います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * エトセトラ * 12:03 * - * - * - -

休日の鳥

〜お知らせ〜 9日、10日は定休となります。

 

 

ゆっくり過ごす休日の朝。

 

妙に鳥の鳴き声が大きく聞こえるので、ふと顔を上げたら

リビングのカーテン越し、目の前のベランダの手すりに、

鳥が留まりさえずる姿が。

シルエットと鳴き声から、どうやらオナガ鳥の様。

 

こちらが見えていないのか、ベランダ内の植木と手すりを行ったり来たり、誰かを探すように必死に鳴き声をあげています。

 

気付かれない様に息まで留めるが如くじっとして、鳥の動きを眺めていました。

 

師走の気ぜわしい中の、ホッとしたヒトコマ。

 

休日とは言え、用はそこそこ。

 

あと1時間で出かけねば!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * エトセトラ * 09:58 * - * - * - -

秋の香り

〜お知らせ〜 24日は都合によりお休みを頂きます。

 

 

長い間、探していた金木犀の香りの香水。

 

タイトルが付く物を多くを試香しましたが甘すぎたり、

他の香りが強過ぎたり、「これ!」と思う物は見つか

らず半ば諦めていた所、先日の渡欧で訪れた

ファストファッションの代表店の一つZARAで、

何気にレジの近くに置いてあった香水群の中に

OSMANTHUS(金木犀)の文字を発見。

 

サンプルが無かったので試す事も出来ず、一寸

冒険と思いつつ入手して着けてみたら、肌との

相性が良かったのか、金木犀の香りそのもの。

 

金木犀色のアライグマの描かれた秋枯れ風景の

パッケージも可愛く、どうやら金木犀の花の香りは

世界中秋の香りの代表の一つと思われます。

 

オー・ド・パフュームの表記ゆえ、トワレよりは濃く

香る時間もやや長めで、大きなボトルにたっぷり

入るも、価格はお手頃。

 

日本のZARAにこの香りが入荷しているかどうかは

不明ですが、当分この香りを楽しめる事に、

ウキウキの店長です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * エトセトラ * 09:18 * - * - * - -

月見の宴

〜お知らせ〜 28日、29日は定休となります。

 

 

友が来店、そのまま夕食へ…。

 

週末なのと、神楽坂は現在フェスティバル中ゆえ

何所の食事処も激混み。

 

最後の頼みの綱で、たまに行く小さな隠れ家的

和食所へ。

 

偶然入れ替わりの様にお客様が出たところで、

交代の様に入店出来たのはラッキー!

 

イントロの先付けにて、出された品に感激。

 

大根兎が金時芋の満月を背景に佇んでいました。

こういう所が、和食の醍醐味。

 

秋の庭園を眺める様に、秋のご馳走を堪能しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * エトセトラ * 10:51 * - * - * - -
このページの先頭へ