<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

器美

荷物を積めねばならないのに、どうしても見たい

展覧会があって、出掛けた日曜日の午後。

 

お盆時期の閑散とした東京の青山にある根津美術館。

 

閉館近い時間、ひんやりした空間の中で、多くの

器をゆっくりと堪能。

 

最近料理を学び始めたせいか、器が気になりだして、

なかなかまとまって見る機会もないので、こうした

展覧会は目の肥やし。

 

といっても、店長はもっぱら「この器に合うのは、

冷奴か?枝豆か?焼きナスか?」なレベルですが。

 

海外は鑑賞ということも含めて大皿文化が主ですが

日本は個々が取り分ける小さなお皿や椀に、多種

多様な意匠が見られます。

 

インスタ映えを狙った処は、江戸時代から解って

いたということでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * エトセトラ * 10:19 * - * - * - -

こだまでしょうか

遠いパリから、すっかりお友達のニャーちゃんの呼び声が…。

 

『遊ぼうっていうと

  遊ぼうっていう。     
 …

 こだまでしょうか、
 いいえ、猫から。』

 

なんて金子みすゞの詩を勝手に造作しつつ、まどろみつつの

昼下がり。

 

明日10日(木)は勝手ながら、夕方5時までの営業となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * エトセトラ * 09:53 * - * - * - -

眺めの良いバカンス

〜お知らせ〜 7日は定休です。

 

普段はイギリス、今現在イタリアのトスカーナにバカンスで

居る友人から、何度となく楽しむ写真が到着。

 

古い街を望む、映画『眺めの良い部屋』そのものの印象の

この画像も、まさに「a room with a view」のタイトルが。

 

心から解放して、楽しむサマが想像出来ます。

 

この時期の買い付けは、余りバカンスを取らないイギリス

人達ですら、出掛ける事が多く、スケジュールを縫っての

調整に、既に数回のやり取りを繰り返しての時間合わせに

躍起。

 

でもそれぞれのバカンス先の話を聞くのも好きな店長は、

様々な土地の様子を聞くことで、疑似バカンス体験。

 

かつて会社勤めをしていた頃の方が、しっかり休暇を頂き、

欧州から南の島まで、遊べた気がしています。

 

まあ現役引退したら、毎日がバカンスになるでしょうから、

その時までのお預けかなぁ?

ご長寿台風が日本を通過中の日本は、お盆時期も近いのに

飛行機等の交通機関が遮断され、移動予定の人たちは大変。

 

大きな被害が出ないことを!

 

 

 

 

 

Jellicour * エトセトラ * 10:25 * - * - * - -

呼び声

8月を迎え、そろそろ買い付けを兼ねた、夏の旅準備に

入る頃。

 

遠き地に居る信頼のディーラーさん達に送ったメールに

「もうその時期なのね!待っているわ!!」の返事が

返ってきました。

 

いつもの声、いつもの顔、そして嗜好を共有する者だけが

解るささやきが、短い夏の国の下で、今年も繰り広げられ

そうな予感に期待値が上がります。

 

夏の再会、そして新たなる品との出逢いの楽しみに、

心躍る店長です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * エトセトラ * 12:36 * - * - * - -

熟成の山百合

山深く緑濃い中、ヒグラシが鳴く森の入り口に、毅然と

立つ貴婦人の様な印象の山百合の花と出会いました。

 

遠くからでもハッとさせられる程、目を惹きます。

 

日本原産のこの百合は、香りも甘く濃く純白の花弁の

中央に、独特のイエローのラインと赤い斑点文様が入る

お洒落さん。

 

でも種から最初の花が咲くまで、実に5年もかかるという、

超熟成型の花。

 

何事も、美が完成するまでは、時間をかけないとならない

という証しでしょうか。

 

古い球根ほど着ける花数は多いとのことなので、出逢った

この山百合も、10近い花数から、10年以上ここに鎮座、

毎年その艶やかな姿をお披露目しているのでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * エトセトラ * 10:23 * - * - * - -

スイカパンの休日

〜お知らせ〜 16、17日は定休です。

 

あまりの暑さに、田舎に脱出。

 

田んぼを見ながら、スイカ…じゃなくて、スイカパン(味はメロン)

を食べています。(笑)

 

皆様、水分補給を怠りなく、猛暑の連休をお過ごしくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * エトセトラ * 10:06 * - * - * - -

フレンチ バネ

フランスのヴィンテージイヤリングに多い、細いワイヤー

タイプのバネ。

 

ロスレーにも多く見られます。

 

細い鉄でできた針金で耳に留める為、大きな金属製の

平たいバネと違って、痛くならないのが特徴です。

 

しかも、ピアスの方の場合はバネを残したまま、ピアスの

針を付ければ、装着可能で、更にはピアスホールに針を

通した後にバネを留める為、落下防止にもなるという

特典が。

 

なかなかアイディアなる留め金です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * エトセトラ * 12:28 * - * - * - -

料理

最近お休みの日に料理を習う店長。

 

使う脳が全く違う所なので、とにかく楽しい。

 

7月のテーマは、ベトナム、タイ、中華と、豪華

アジアン三本立て。

 

生春巻き、ソムタム、ヨダレ鶏etc…。

 

いきなりの猛暑ゆえに、既に食欲減退の兆しを

感じていたところ、グッと胃袋を起こされた感じ。

 

もちろん、完食です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * エトセトラ * 10:27 * - * - * - -

鬼灯

〜お知らせ〜 10日は定休となります。

 

いきなりの猛暑に、慣れない体。

 

日差しを避けて、夕刻から浅草の四万六千日の

ほおずき市へ。

 

被災地の復興と共に、日頃の奉礼謝…。

 

下町浅草近辺の伝統的なお祭りは、初夏から始まり、

そしてこのほおずき市をもってして、秋の酉の市まで

静かになります。

 

神様だって夏休みを取りたいのかな?

 

緑の葉の中、真夏の夕陽の様に燃える様なオレンジ

カラーのほおずきの実が、輝いて見えました。

 

夏の始まりをじんわり実感した、夏の夜散歩です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * エトセトラ * 10:48 * - * - * - -

蛙飛び込む夏の始まり

雨の日の田んぼを眺めた先週末。

 

よく見ると、窓のたもとに2僂砲睨たない、1匹の蛙が

佇んでいました。

 

今年の春にオタマジャクシから成長して、ようやく蛙の姿に

なりたてのホヤホヤちゃん?

 

気持ち良さ気に雨粒を浴びていました。

 

一転、今週末はいきなりの猛暑に。

 

気象庁の発表は未だですが、どうやら関東は梅雨明け

した感じ。

 

直ぐ隣の神社から眺めた昨日の夕陽は、オレンジの光りが

それは美しく、目に沁みました。

 

明日は四万六千日、これ以上の天災被害が出ない様に

お願いに参ろうかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * エトセトラ * 12:40 * - * - * - -
このページの先頭へ