<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

山椒は小粒で

毎年入手し損ねて、高い製品を買わざるを得ない、

この時期が旬の山椒の実を、今年は早々に入手。

 

生のままでも既に袋の中から立ち上る、スパイシー

な香り。

 

サッと茹でて、水にさらしてから佃煮へと加工。

食欲が無い時に、あらゆるものに混ぜ込んで、香りで食欲を湧き立たせています。

 

『山椒は小粒でもピりりと辛い』は、躯体は小さくとも、才能や力量に溢れている事の例えですが、一粒でも舌がビリビリと痺れる辛味に伴う爽快感は、一寸ハマるかも。

 

…あ、猛暑でも食欲が衰えない店長には、ホントは無縁のものかもしれません…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * エトセトラ * 12:21 * - * - * - -

お見舞い

水が引いて、徐々に水害後の状況が把握されています。

 

災害に遭われた方々、ご家族、知人の方々で被害に

遭われた方々には、心よりお見舞申し上げます。

 

美しい里山が豹変し、考えても居ない災難が襲い、

被害に見舞われる事は、実は20年前同じ経験がある

者として、如何に元通りへの復興が大変かが判り

ます。

 

現地では心無い、デマも多く飛び交っていると

聞いています。

 

非力ながら、少しでも出来る事をしようと思って

いますが、何よりもまず、未だ行方不明の方々が

一刻も早く見つかる事、事態が少しでも早く収束

することを、心から願います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * エトセトラ * 12:29 * - * - * - -

夏来たりぬ

〜お知らせ〜 1日、2日は定休となります。

 

「とうとう来たか…」の感がある、日差しが続く関東ここ数日。

 

朝食用に選んだ果物はスナックパイン。

 

見れば見る程、不思議な形をしているこの果物。

 

ゴツゴツの表面からは、甘い香りが漏れ出して、食べ頃を

教えてくれています。

 

暑さゆえ、食欲が落ちるのは願ったりの店長ですがもう少し

先になりそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * エトセトラ * 11:49 * - * - * - -

軒先緑

とうとう梅雨明けの発表。

 

ついに今年もやってきた!と思わせる猛暑の日々を迎え

ています。

 

オマケにワールドカップの観戦で、ほぼ日本全国民は

睡眠不足と思われ、ギラギラ照りつける太陽に、日陰を

選んでは歩く、夏には弱いバテ気味店長。

 

東京のド真ん中、庭が無く家のキワの路地を庭替わりに

見立てて盆栽植木を置いたりの演出風景をこよなく愛す

下町育ちの店長。

 

小さな陶器の水鉢の中では、青いメダカがスイスイと

気持ち良さげに水遊び。

 

思わずつられて、ザブンと飛び込みたかった風景。

 

これもまた、小さな癒されの地、パワースポットの様な

気がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * エトセトラ * 09:41 * - * - * - -

6月は梅が出回る時期でしたが、それもそろそろ終わりの頃。

 

一年に一度の逢瀬の為、完熟物を入手したいところですが、

今年は関東にはあまり出回らないという、越後産『越の梅』

という品種を青いうちに入手して追熟。

 

小粒ながら果肉が密で、部屋中が甘い梅の香りがふくいくと

漂います。

 

これを砂糖と共に漬け込んで造る梅酵素ジュース。

 

果汁を濾して残った果肉は、そのまま生で食べられる、梅の

ジャムとなり、これが濃厚でとっても美味。

 

火を通さずに造る生ジャムは、殆ど一般には流通していない

為に自分で造るしかないのです。

 

出来上がった生ジャム数瓶。

 

今年もチビチビ頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * エトセトラ * 09:33 * - * - * - -

芸能人来たる!?

先日、某女優さんがご来店。

 

しかしながら、およそ有名人には音痴な店長。

 

レア・セドゥとか…

ジョージ・クルーニーとか…

エマ・ワトソンとか…

ジョニー・ディップとか…

 

それらの方がご来店されたらどうにか…ってなレベル。

 

気取らず自然体のまま故に「似てるな〜違うのかな?」

と接客の間中考えていました。

 

既に国際的に活躍されている方なので、かなり多忙の

合間に訪れて頂いたと思います。

 

少々プライベートなお品物をご購入頂きましたので、

ここは店としてはシークレットに…(笑)。

 

更にその前日には、神楽坂が舞台、秋から放映の

新ドラマ撮影が開始になるとかで、その撮影場所

探しと確認の為、プロダクションの方がウロウロ。

 

何かといつも話題が多い、梅雨の神楽坂です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年秋のテレビ朝日ドラマ『僕とシッポと神楽坂』。主演は嵐の相葉雅紀君。神楽坂上の動物病院が舞台だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * エトセトラ * 09:55 * - * - * - -

セレブ

昨日ご愛顧頂いているお客様の、欧州某国人の

ご友人様がプライベートジェットで日本に立ち寄る

ということで、「是非紹介したいから、お連れしま

すね」…とのこと。

 

何でも空港に朝着いて、そのままパイロットを

待たせたまま東京都心に買い物に出て、夕方

には乗って来たジェット機で、南にヴァカンスに

向かうのだとか。

 

陽に焼けた、いかにもこれから開放的な場所に

向かう風情のマダムが夕方ご来店。

 

セレブと呼ばれるお客様や知人との、僅かの

お付き合いの中で、そのスタイルを見ていると

気付くのが、とにかく判断行動が早い事。

 

自分に必要なモノ、そうでないモノ、悩むべき所

悩まない所の見極めが早く的確で、グズグズと

考え込まない所が在る様に思います。

 

言ってしまえば『時は金なり』??

 

迷う時間は、別の大事な事に費やされているの

でしょう。

 

昔、何千人と社員を抱える会社の社長と話す

機会を得た時に「トップの必要な最条件は?」

と伺ったら「人の話を良く聞く事。それと判断を

早く出すこと!」と、尋ねてから3秒も待たずに

即答されました。

 

生き方のメリハリ…。

 

見習う事は、いつもグズグズダラダラお喋りの

店長故出来ませんが、参考程度に受け入れない

といけないな〜と思う、目からウロコの出来事

でした。

 

写真は先日の買い付け先での最後の晩餐の中華のお店で、最後に出たフォーチューンクッキー。吉凶のおみくじより好きで、早速開けたら『幸運とは良い計画企画から成る結果』…確かに!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * エトセトラ * 10:25 * - * - * - -

マダムへの道

先日ご来店されたお客様の、お見立て希望は、有名

メーカー処の製作ではなく、アンサインの装身具で、

パリのマダムの様な、さり気なく個性を際立たせる

コーディネート。

 

やっぱり『パリのマダム』に対するイメージは、根強く

信仰に近いモノがあるものと思います。

 

店長の本棚には、過去30年以上の間集めに集めた、

ファッション誌の切り抜きが、場所別、アイテム別、

歴史等々、カテゴリー別に分けられてファイリング

され、何気に今も役立つときも多く、教科書として、

大切にしています。

 

そんな30年以上j前の雑誌のページであっても、パリの

マダムのテクニックなる特集はあって、その装いの

ルールが取り上げられているページが多く見られます。

 

写真は30年近く前の、ハースト婦人画報社の月刊

ファッション誌、25cansからと思われる記事。

 

勿論これが絶対ルールとは、言えないのですが、

こうした方がもっと綺麗に、個性豊かに、美しく見える

というスタイルアップの為の方法が、解り易く図解

にて描かれています。

 

こうした事が今の雑誌にも特集されているかどうかは

ここ数年殆どこれらの誌面を読まなくなったので解りま

せんが、当時未だパリに訪れた事もない店長は、こう

した特集記事を読み、イチイチ感心していたのが、

懐かしい想い出です。

 

これらが少しでも血や肉(贅肉?)となって、蓄えられて

いる事を願うのみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * エトセトラ * 09:42 * - * - * - -

Le Lys dans la vallée

温暖化からか、いつも楽しみにしている

近所のスズランの花壇が4月中旬から咲き

始めて、朝な夕なに前を通る度、可憐な

純白の蕾が増えていくのを楽しみに眺めて

いた、ここ半月。

 

『谷間の百合』の名に相応しく、湿った

土で日陰を好むこの花は、葉影にひっそり

咲いている姿の方がピッタリ来ます。

 

花言葉は幾つかありますが、面白いのが

『天国への階段』。

 

茎に螺旋状に花が付く事から呼ばれる様

ですが、こんな可憐な花の階段が在ったら、

つい騙されて、昇ってしまうかもしれません。

 

でも、今日のスズランの日においては、

やはりハッピーリターンズの花言葉を推し、

皆さまに素敵な幸福が訪れるように…と願う、

5月の始まりの日です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * エトセトラ * 11:33 * - * - * - -

休みの日

〜お知らせ〜 本日30日は定休となります。

5月1日から4日までは、通常営業となります。

 

今日でとうとう4月も終わり。

明日から緑萌える5月に突入です。

 

メーデーの明日は、フランスはスズランの日。

ジワリと日本でも浸透しつつある、花の贈り日です。

 

昨日は神楽坂で個展を催す友人に、遅まきながら

小さなスズランの花束を、可憐な白い小さな蕾が

たわわに咲いている、見事なドイツスズランを置く

ジャルダン・ノスタルジックさんで整えて貰い、

お届け。

 

ジャルダンさんでは、当分スズランを入れて下さる

そうですので、お求めご希望の方は是非どうぞ

訪れてみてくださいね。

あまりにお天気が良い為、そのままツラツラ歩いて、飯田橋のカナルカフェで、遅まきのランチ。

 

外濠の水と濠沿いの木々を抜けて吹く風は、心地良さ満点!

 

都会なのに一寸だけ自然の木々や緑の風情を味わえる、稀有な江戸時代からの名残の街。

 

連休中のお散歩に、是非!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * エトセトラ * 10:37 * - * - * - -
このページの先頭へ