<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

想い出縁

出勤前に空いた小さな時間に、母が残したジュエリーを

取り出して、磨いてみました。

 

アンティークジュエリーが大好きだった母を、唯一

一度だけ連れて行った欧州買付で、母が購入した品の

中にあるジョージアンのREGARD RING。

 

R=ルビー、E=エメラルド、G=ガーネット、A=アメ

ジスト、R=ルビー、D=ダイヤモンドと貴石を並ばせ

『好意』を意味する言葉遊びになぞらえた品です。

 

稚拙な枠に石をセットして一列に並ばせた、シンプル

そのものの造りのリングを、母はこよなく愛していま

した。

ある日の事、大好きだった御三家オペラ歌手が来日しての、広〜い国立競技場でのコンサートに張り切って出掛け、曲が終わる毎に立ち上がって大拍手の繰り返しに、指輪の石達がビックリしたのか、帰りの道すがらに何気なく指を見たら、そこには石が全て抜け落ちた、空っぽの金枠だけが指の上に残っている惨状。

 

悲鳴とも、唸り声ともつかない声を上げて落ち込む母をどう慰めて良いかも分らないまま「もしかしたらバックの中に落ちてない?」と声をかけて、どれどれと探してみたら、底の方に転がる全ての石を発見。

 

大笑いの末、石をしっかりセットし直して、リングは無事に定位置に戻りました。

 

「ジョージアンの時代には、レディは拍手喝采なんて

しなかった?」

「一番激しい動きは、せいぜい華やかな扇をパタパタ

する位?」

 

いにしえの時代の女性の仕草や様式…謎と共に笑いが

込み上げる、骨董宝石の想い出です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * Antiques * 13:05 * - * - * - -

技リング

〜お知らせ〜

新型コロナ感染対策として、神楽坂の店舗ご入店

頂くお客様全てに、マスクの着用をお願いして

おります。アルコール、ハンドジェルの用意等は

ございます。

フォト冊子『SAPHIRET à lamode』をご希望

の方、冊子の在庫は充分にございます。

 

初めて見た時は、ハート型に小さなダイヤモンドが

嵌る可愛いリング…位のモノでした。

 

次回web更新の為に、アップで撮影していて気付

いた事が。

 

このリングはマリッジリングを抑える為に、セット

リングとしての役目をしていたことが判明。

実はハートシェイプの下側のスペースの金属(プラチナ製)が空洞状となっていて、そこにマリッジ等のシンプルなカマボコ型リングに重ねると、その抉れた空洞部分にマリッジの一部が入り込み、きちんと二本が重なり合うという仕掛け。

 

元からその様に造られたか、後に削られたか、ディーラー達と意見が分かれるところですが、あまりにもキチンと納まる感じが見事で、後の加工と考えてもなかなかのアイディアと思い、そのままを綴って掲載の予定。

 

役割と見た目、使い勝手が見事にマッチした、なかなかなるアイディアモノと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * Antiques * 14:14 * - * - * - -

夏へと続く素材

蒸し暑い、苦手な季節の到来。

 

涼しげな素材と言えば筆頭にあがる貝を使った、

これは黒蝶貝で造られた、19世紀後半の頃の

ピアス。

 

コロンとしたマカロン型に整えられた貝は、

表面に独特の虹色シラーを浮かび上がらせて、

細やかな銀細工の枠にセットされ、見る人を

虜にします。

 

遊色効果のある素材に、何故惹かれるのか。

 

心も万物も千変万化であることに、気付いて

いるからかも?

 

そろそろ本格夏の装身具達が揃いだした所で、

更新準備に入りたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * Antiques * 13:43 * - * - * - -

出逢いのイニシャル

自分のお子様に因むモノを集める方は意外に

多いのですが、何処に拘るかはその方次第。

 

最近リクエストされたのは、お名前の

イニシャルでした。

 

洋風名称と日本語によるお名前では、組み

合わせ文字が多い西洋の名称や、ミドル

ネームを持つ方も多い西洋故に、なかなか

一致するのが難しいのも事実ですが、今回は

在庫に何とか適うモノが見つかりました。

 

20世紀初頭の頃、イギリス製と思われる、

真四角のオニキスの上に、金の細い三日月

の様なカリグラフィ。

 

そのどちらにも天然の真珠がセットされて

います。

 

三日月は日々の中で形を変えて、満月へと

成長して行く過程は、育つ子への幸福な

未来の始まりを象徴とも捉えられます。

 

この品が、100年以上前に誰かの為に造られ、

その後の大きな戦争も潜り抜け、現代に至る

まで、わが子の為に無事に残って来てくれた

というのは、ある意味ミラクル。

 

プレゼント包装をしながら、思わず顔が綻び

ニヤニヤした店長の、コロナ自粛明けの

お話です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * Antiques * 15:47 * - * - * - -

逢魔が時

感染ウィルスが介在しているとはいえ、人と距離を取り、

顔をマスクで覆い、何だか人間がどんどん孤立化、

孤独化していく様な、不快な期間を過ごしている、

この数か月。

 

毎朝起きる度に「これは実は夢だった!」とならない

ものかと思い続け、人生の『逢魔が時』の様な、心理の

底なし沼という夢の中を漂う気分でした。

 

人と逢う度にウィルスを運ぶ人…?と、疑う様な言動や

行動を受け、傷ついた方、日本の一部でヘイトクライム

が起きていた事実も聞きます。

 

件の騒ぎの中、終盤には「もうあなたからならウィルス

貰っても絶対許す!許して貰える!」と言い合える

友人達とは、逢っていた様な記憶が。

 

他に支えになったのは、部屋に置いたお気に入りの

モノ達や散歩の庭先の丹精された植木や花々、

久々に時間をかけて作る料理達でした。

 

見つめるだけでも、想像力や癒される暖かくなる心は

ふわりと沸き立ちます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * Antiques * 11:10 * - * - * - -

Happy Mother's Day

誰にとっても、人生初の自粛下の母の日。

 

自粛少し前、店に来るお客様の3割の方が、学校休校

による、自宅に居るお子様達と同伴で、商品をゆっくり

見たいけれど見れない…というジレンマに振り

回されている様でした。

 

こんな経験は、おそらく今後の人生には二度と訪れ

ない稀なる時と割り切って、過ごすしかないという

事を語っていた方が多かったかも。

 

店長の母は、とっくに千の風の人ですが、今日はその

母を思い出して、花のブローチを着けてみようかと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * Antiques * 10:20 * - * - * - -

幸せが帰ってくる!

  今日から5月。

 

5月1日はスズランの日ゆえ、今年の幸福の

スズランを皆様におすそ分け…と思いましたが、

店長の家のスズランはまだ蕾が固く、

目覚めるまでにはもう少しかかりそう。

 

せめてジュエリーにて…。

 

18金製のフランス製のスズランブローチは

天然の真珠と小さなダイヤモンドに飾られて。

 

茎と葉をクルクルと巻き毛の様に巻いて、

真珠で花を表現していますが、よく見ると

全体のシェイプはラブリーなハート。

 

「マジ可愛い〜!」と飛びついた、パリでの

ヒトコマがまるで10年も前の記憶の様ですが

つい昨年。

 

世界中が幸せに包まれる日であります様に!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * Antiques * 11:06 * - * - * - -

自宅勤務の罠

ようやくお申込みの本の発送も一段落で、日常に戻った

店長。

 

自宅勤務の長期戦となったからには、粛々業務を鮮や

かにこなす…なんて事はありません。

 

一寸仕事らしいことをしては、youtubeで動画…なんて

グータラをしていたら、月契約の自宅wifiが容量を

超えてしまいました。

 

月末までノロノロカメさんスピードの回線で、我慢

せねばならなくなり、メールが開くまで3分待ちは

ざら…などという事態に。

 

昔昔のインターネットが通じた頃の、ISDN回線が思い

出されるわ〜…と懐かしんだのも束の間。

 

慌てて増量申請也。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * Antiques * 11:45 * - * - * - -

軽やかな休日

〜お知らせ〜 29日、30日は定休となります。

 

 

世間は新型コロナウィルス騒ぎで自粛モード。

 

そして今日東京のお天気は大荒れの、ほぼ吹雪。

 

テレビは消して、ラジオかベスト。

 

静かなクラシック音楽に耳を傾けつつ、在宅に

勤しみます。

 

弦楽器による音楽が、特に心を穏やかにする様で

ヨーヨー・マかミッシャ・マイスキー。

 

雪を横目に眺めつつの週末です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * Antiques * 10:54 * - * - * - -

フレンチ・クリムゾン

画像はフランス製、シルバーに深紅色のペーストが

セットされたブローチで、柄はおそらくジャルディ

ネッティと呼ばれる花柄で、古い装身具には最も多く

見られる柄です、。

 

クリムゾンの語源は、天然色素の赤色を持つケルメス

色素から取られた名称で、古くから食べ物、化粧品、

絵の具等に用いられた、聖書にも登場する歴史ある

天然色素。

 

この鮮やかな魅力のある色、故に当然高価でも

あった色は赤い色の服を着る事は、貴族階級にしか

許されないものでもありました。

 

フランスはシルバー&ペーストを最も早く商業的に

成功させた歴史を持つので、その試行錯誤があった

ことは、容易に想像できますが、最初にルビーの様な

赤いガラスを成功させたのはドイツ。

 

それを早々に取り入れて、こうした装身具を造り出し

たのでしょうか。

 

『赤』は『美しい』の同義語で、美しい赤色はヴィー

ナスの血の色とも例えられていますから、人気が

高かったことも想像出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * Antiques * 10:07 * - * - * - -
このページの先頭へ