<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< クリスチャン・ディオール 夢のクチュリエ | main | アップルレッド >>

ディオール舞踏会

パリで行われている、ディオール展。

 

装飾美術館の広大な展示ルーム、2階半分から、1階に

かけての展示室を、テーマごと、係ったデザイナー毎に

小分けして見せるという大規模なもので、その最後を

飾るのは、1階中央ホールに設けた『ディオール舞踏会』

と名付けられた圧巻の展示。

 

3階まで届く遥か彼方の天井以外、壁から床まで埋め尽く

された多くのドレス類は、全てオートクチュール。

 

イヴサンローラン、マルク・ボアン、ジャンフランコ・

フェレ、ジョン・ガリアーノ、ラフ・シモンズ…。

 

歴代のデザイナーがディオールに捧げた時間の中で

生み出された、多くのドレス類は、流行を超えた向こうに

存在する、永遠性を持つ『何か』。

その手仕事の細かさ、出来上がるまでに費やされる

人の手と膨大な時間を考えるだけで、したたか酔って

しまいそう。

 

ひたすらに圧巻でしたが、それは今はやや斜陽にもなり

かけている、オートクチュールというシステムの面影を

辿るということでもある様な気がしました。

 

最低でも仮縫いに3回という膨大な時間という犠牲を敷く

からこそ生まれる究極のシステムの一つ。

 

展覧会は来年1月7日までとのこと。

 

全日を入れて、混んでいる事は明らかの様ですので、

行かれる方は覚悟を決めて。

 

そして展覧物はどれだけ撮影しても良いそうですので、

スマホでも何でも、カメラの持参をお忘れなく!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * Art * 13:17 * - * - * - -
このページの先頭へ