<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 色なき世界 | main | 白いの鳥 >>

手乗りイヨボヤ

人間以外の生き物と、意思疎通が楽しい店長。

 

地元に在ったお魚博物館に訪れてみたら、川に沿って魚の

生態が見られるという展望水槽付きの部屋に。

 

表は0度近い気温故、凍るような寒さに魚も居ない様子でし

たが、暫く水槽を眺めていたら、何やら遠くから魚影が…。

 

目の前に現れたのは、何と全身傷だらけの鮭でした。

 

産卵の季節はとっくに終わっているので、出遅れたあぶれ

モノちゃん?

 

一人(一匹)なのが寂しいのか、人なつっこいこと!

 

歩くと後から着いて来て、水槽越しに指を沿わすと、上下

左右に泳ぎ回り、会話まで出来そうな雰囲気に。

 

ちなみにこの地方での鮭の呼び名はイヨボヤ。

 

魚の中の魚だそうです。

 

お魚と戯れ、語り合いを楽しんだ店長は、そろそろお仕事

モードになる為に、東京に戻ります。

 

お店の再開は、明日からとなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * Voyage   * 12:55 * - * - * - -
このページの先頭へ