<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< スフレパール | main | 欧州ガラス >>

ヴァレンタイン

今年の日本のヴァレンタインは、某世界的チョコブランドが『義理

チョコ止めよう』スローガンを掲げたり、いつもと一寸違う出だし

でした。

 

今はロンドンに滞在の店長ですが、街はヴァレンタインのディス

プレイよりも、日本隣国の旧正月祝いのお飾りの方がど派手・・・。

 

多くの中国人の観光客が、パリもロンドンも溢れていて、「西洋、

負けてるぞ!」な気分です。

 

花屋さんの店頭だけが、真紅の薔薇をアレンジして、負けじと

ディスプレイ。

 

それをスーパーの買い物帰りの男性が選びながら買う姿が

素敵でした。

 

きっと家に帰ったら、彼がご飯を作って、奥様(恋人)にふるまう

のでしょう。

 

ここイギリスは、男子料理率高し!なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * saphiret * 14:12 * - * - * - -
このページの先頭へ