<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
<< 雪 | main | 暖かな石の記憶 >>

サフィレットから始まる

朝の半分寝ぼけた頭と目に、いきなり飛び込んできた

サフィレットのブローチ。

 

これ以上シンプルにしようがないほどのミニマムさ。

 

昨日までの雪がうそだったかのように晴れ渡った空の

色が写り込んで、そのまま閉じ込められた色に、しばし

見入った一瞬でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * saphiret * 05:33 * - * - * - -
このページの先頭へ