<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
<< サフィレットから始まる | main | スフレパール >>

暖かな石の記憶

雪はすっかり解けてしまいましたが、風は冷たく、寒風の中の

買い付け@parisです。

 

達磨のように着こんで、モコモコになりつつ、訪れたディーラー

さんの所で、このリングを見つけたときは、トパーズにしては

良く輝く、美しい照りと太陽の様な煌きに、まるで暖炉の火に

吸い寄せられる如く、思わず手を差し伸べていました。

聞けばこの石は、トパーズでもシトリンでもない、イエローサファイア。

 

それも量端はやや濃い目のイエローという、バイ・カラータイプ。

 

レアストーンが流行している昨今ですが、当時でもこのレア度から、シンプルな細目のソリテールの枠を選んだものと思われます。

 

この品を最後に入手して、昨日のお仕事は終わり。

 

帰途に着く頃の空は、すっかり暮れ時。

そんなに時間が経っていた事をすっかり忘れていました。

 

買い付けのときはいつも無我夢中で下を見っ放し。

 

終わる頃には首も腰も曲がったまま、背中は鉄板が

入った様に、ギシギシと音を立てそう。

 

空を見るゆとりさえありません。

 

滞在先に戻る、パリ市内のトラムの窓から見えた、彼方の

空に煌きの夕陽のイエローが、サファイアに同化。

 

良い物を入手出来たときの幸福感に満たされて、一日を

終える感謝を捧げました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * Antiques * 15:28 * - * - * - -
このページの先頭へ