<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 雑貨物語 | main | white day >>

誓いの指輪

いにしえの時代、婚約リングに使われたのは、ただの

鉄製の輪。

 

古代ローマ、結婚の約束を公に公表して誓うものとして

永遠の象徴、生命の輪廻として指輪を贈ることが伝統

だったようです。

 

それがようやく高価な金製に変わるのが、2世紀。

 

ダイヤモンドが使われるようになる迄には、15世紀を

迎えるまで、待たなければならなかった様です。

 

長く歴史を紡いで伝えられてきたスタイルは、ハーフ、

フルエタニティと少しずつ華やかさに進化を遂げ、

今も誓いの証の習慣として残っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * Antiques * 15:48 * - * - * - -
このページの先頭へ