<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 質問様々 | main | BGM >>

アメリカン・サフィレット

トッピング盛り盛りの31のアイスクリームを思わせる、

サフィレットがセットされたアクセサリーは、勿論の

アメリカ製。

 

1950〜60年代、クレイマー、ジュリアナ、リージェンシー

etc…の品と思われます(サイン有無様々)

 

この時代のコスチュームジュエリーの華やかさ(派手とも)

においては、アメリカの一人勝ち。

 

当時は家の中でもキチンとワンピースを装っていたので、

出掛ける時には、こうしたコスチュームジュエリーを

「これでもかっ!」という程に身に着けていたことが、

当時のドキュメントフィルムや、この年代が舞台の映画や

舞台から、容易に想像が可能です。

 

ギンギラギンという表現以外、何物でも無い感じですが

1点1点はとても軽量。

 

色違いのラインストーンと組み合わせている事で、

かえってサフィレットの色の面白さが引立っている様にも

思えます。

 

よく、この時代のサフィレットは「サフィレットに在らず」、

「サフィリーン」という似ていて異なるモノ…と仰る方が

いますが、そこらの説明も、26日からのコラボ展にて

行う予定です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * saphiret * 10:30 * - * - * - -
このページの先頭へ