<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< インセクト・ルース | main | monetの庭にて >>

夏の予感の耳飾り

 

いかにもアメリカでないと出逢えない様な、大胆で

可愛らしい印象のイヤリング達と、今年もしっかり

邂逅が。

渋いゴールドベースに、フランスのメタルビーズと、変形のサンゴ色の大粒ガラスビーズが使われたドロップタイプのイヤリングは、いかにもミリアム・ハスケルらしい造り込みの意匠性が楽しめる品。

 

日本ではパールの製品に人気が多いハスケルですが、こうしたカラービーズにも素敵な品は多く存在します。

そしてもう一つは、今年も出逢えたARTの海モチーフのチャームイヤリング。

 

ジャラっと下がるヒトデや巻貝、二枚貝には珊瑚色のビーズがあしらわれて、いかにもサンゴ礁で拾ってきた様な、夏の海をたっぷり連想させる、二つのサマーコーラルがテーマの耳飾り達です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * Vintage Costume Jewelry * 13:04 * - * - * - -
このページの先頭へ