<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 金色の夜明け | main | Blue Magic >>

ハートのご縁

「もうサフィレット展も終わったし、仕入れるのは

控えめに…」と考えていても、出逢ってしまえば、

元の木阿弥。

 

この大粒のハートサフィレットがマナコに入った時

体が反射的に動いてしまったのは、ハンティングの

血がそうさせたのか…。

 

一度は理性で引いた衝動でしたが、『一期一会』の

天の声(?)が頭に響いて、気付けはしっかり胸に

抱きとめていました。

 

マジックアワーの逢瀬です。

もう一つの対極に小さなハートのサフィレットペンダントは、とあるコレクターさんからの品。

 

いつも何故か一つだけ、『ラブリー』と評したくなるサフィレットをお持ち頂いています。

 

前者も後者もそれぞれに、ジュエリーの専門家のディーラーさんですが、集める品にはそれぞれの個性が。

 

でも不思議なことに今回は、どちらのサフィレットもハートシェイプのフロストタイプ。

 

しかもどちらも潤い水分率90%以上…なんて形容したくなる程、wet感満々です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * saphiret * 11:26 * - * - * - -
このページの先頭へ