<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 夏の予感の耳飾り | main | グレイ・モノトーン >>

monetの庭にて

高速を抜けて、アメリカン、カントリーサイドを

ひたすら走り抜けた日曜日、雨の午後。

 

ふと、惹かれる様に入ったアンティークの店。

 

カントリーグッズで溢れる店内の片隅で見かけた、

一寸その場に似つかわしく無い雰囲気の鮮やかな

花束を思わせるブローチ。

 

最初に見た時「まるでフランス、ジヴェルニーの

モネの庭みたい…」でした。

 

何処のメーカーかと、サインの有無を見ようと

裏にしたら、目に飛び込んで来たのがMONETの

文字。

 

モネを庭を連想させる、偶然にもモネの品。

 

どちらかといえば金属製の色味の無い作品が多い

モネの品の中、こんな豊かな色のモノが存在

しているのも驚きでした。

 

アメリカの確かな造りと、フランスの色彩感が

一瞬シンクロするかのように混じり合う不思議な

符号性に思わずニヤリ。

 

このブローチも、新着の更新にて。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * Vintage Costume Jewelry * 16:30 * - * - * - -
このページの先頭へ