<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< さよなら、またね | main | 思ひ出欠片 >>

サマーレース・サフィレット

丁度ウィンブルドンテニストーナメントが開催中の

夏早々の、カントリーサイドのイギリスで待って

いた、ヒラヒラフリルのレースにセットされた様な

フロストサフィレットが印象的なイヤリング。

 

あれ程暑かったフランスとは対極に、ひんやりと

した空気が漂うイギリスの儚い夏をそのまま色に

例えたら、まさにこんな薄灰青かもしれません。

 

ワイヤースタイルというバネの構造から、ネジ式から

板式バネに変わり始めて早々の頃の品と思われます。

チェコスロバキアらしいフィリグリーと呼ばれる真鍮のメタルワークには、かつての彩色の跡も残っていて、夏を過ごすイギリスのレディの耳を飾り立てた当時の様子が、楽しく想像出来ます。

 

短い買い付けも終盤に向かってまっしぐら。

 

あともう僅かの滞在です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * saphiret * 22:58 * - * - * - -
このページの先頭へ