<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 文化のチカラ | main | 夏の始まりのブラックベリー >>

フレンチ・カラー

いつもいつも、感心させられる色使いは、やはりフランス製。

 

一見地味…だけどよくよく見ていると、味が湧きだす

『アタリメ』の様に、じわっと口中に旨味が広がる様に、

気付くと心の中には、満足感で満ちています。

 

この不思議な感覚は、やはり多くの試行錯誤と、高度な

技術と洗練…そして極めつけは、やはりセンス…の一言に

尽きるのでしょうか。

 

このイギリスのカントリーサイドで見る、朝モヤの草原の

中で、開花する最初の花々の様なイヤリング。

 

フランスのロスレー工房の物なのに、何故かイギリスを

思わせたのは、先日の旅がもたらす、不思議な既視感。

 

これもまた、新着にて。

 

今はひたすら、更新準備に追われる日々です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * Vintage Costume Jewelry * 09:43 * - * - * - -
このページの先頭へ