<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 15夜 | main | 新着と更新 >>

秋コーディネート

所詮アクセサリーは、洋服の添えモノ。

 

そんな核心を教えてくれるのは、やはりフランス

でしょうか。

 

オートクチュールというシステムが出来上がった時、

それに併せる装身具と言う事で誕生したビジュー・

ファンテージは直訳すれば『空想の宝石』ですが、

英語表現では『コスチュームジュエリー』。

 

…まさにコスチューム(衣装)の為のジュエリー

(装身具)ということで、装う服があって、初めて

存在が必要とされる品と思います。

 

そんなアクセサリーは服と共に毎シーズン新たな

品達が生み出されていますが、今秋冬の流行

カラーから鑑みるに、一寸くすんだ色が主流という

事から、併せるアクセサリーに試行錯誤した店長。

 

答えが出たのは、画像のイヤリング群を見た時

でしょうか。

この画のイヤリング達は、ほぼフランス製1950〜70年代のモノ。

 

銀色メタリックの素材は、真鍮や樹脂等が中心ですが、内側がえぐれていたり、銀古び色から硬質メタリッククローム等、メッキの色に個性を出したりと、造りも様々に趣向を凝らしています。

 

また大きさもハンパ無い程にダイナミックさが。

 

全ての人々がこのダイナミックなイヤリングを着けられるわけでは無いでしょうが、地味目な色彩が大きく幅を占める洋服に対抗出来るのは、これらのメタリックな装身具が一番惹き立てるというマジックに気付いて

しまった店長の、今年の秋冬のテーマは、やはり

「メタリック」でしょうか。

 

これらの品を飾り付けの為、週末の定休日は籠って

粛々と飾り付けの予定。

 

世間は3連休でも…辛抱我慢!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * Vintage Costume Jewelry * 10:48 * - * - * - -
このページの先頭へ