<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 追伸 | main | 会話 >>

アメシスト

口の中でトロリととろけそうな薄紫色の印象が

美しい、ヴィクトリアンからエドワーディアン

時代にかけて造られた、アメシストのペンダント

と、細いフレームに閉じ込めて繋げた、ベゼル

セットのソトワール。

 

濃淡の多いアメシストの中で、薄いピンク系の

色はローズ・ドゥ・フランスと、ロマンティック

に呼ばれます。

 

どちらもアメシストという色と水晶独特の輝きの

美しさを、最大限に活かした造り。

 

天然石のベゼルネックレスは、今はなかなか

見かけない為、一寸自分のモノにしたい誘惑に

かられ、悪魔のささやきが耳元に響きます。

 

アメシストは、酔っぱらうの避けられる石という

事ですが、お酒を窘めない店長には無用のモノ。

 

喜んで酔っ払いさんに捧げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * Antiques * 08:26 * - * - * - -
このページの先頭へ