<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 花弁のビーズ | main | 小さなペンダント >>

黄色談義

春を感じる黄色は、明るめのトーンが主。

 

日本の春の黄色は、水仙、黄梅やレンギョウ、マットな

花の色からイメージされる事が多いでしょうか。

 

西洋のアクセサリーに見るイエローは、もう少し透明感

を感じます。

 

それは冬の朝、辺り一面の霧の中、葉も落ちた木々の

中に差し込んだ、太陽の光の色の様な、ドイツのギヴレ

ガラスビーズから、キラキラ瞬く様な輝きが魅力の

スワロフスキーのライムイエロー。

 

地域や気候帯が変わると、こんなにも色の感性、用い方

に差が出るものかということを、こうしたモノに見出す

ときがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * Vintage Costume Jewelry * 12:21 * - * - * - -
このページの先頭へ