<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ときめく春の花 | main | 虎の目の石 >>

キャンセル

白状すると、数日後から再び渡欧を計画していた

店長ですが、ウィルス騒ぎから熟慮し、一旦

オールキャンセルに。

 

SARS、東日本大震災、フランステロ、スト

ライキ…あらゆる事件や災害の影響で、その度

キャンセルしてきた経験から、最安値だからと

返金不可となるエアチケットや、ホテル代を

選択するのは止めました。

 

世界規模の災害や事件で、先が見通せない成り

行きでは、どう考えても航空会社やホテル業界

にとっては大ダメージ。

 

どちらの立場に立つかで、考え方も変わります。

 

欧州行の日系エア(手数料有のキャンセル可)

をつい先日に熟慮の末キャンセルしましたが、

キャンセルチャージが無料になったのは、事が

大きくなり始め、日本からの渡航者を入国拒否

する国が増えてきたと報道され始めた搭乗利用

の5日前で、ギリギリノーチャージでの返金と

なりましたが、航空会社も苦渋の選択かと思わ

れます。

 

事態が事態ゆえ、この是非は誰にも問えない

かな…?

 

パリのルーブル美術館は、職員が万が一ウィ

ルスに羅患したら怖いと、ストライキを起こ

してクローズ中とか。

 

本音に素直に従うフランス人に、入館出来ない

方々には同情しつつ、あっぱれ!と思う店長

です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * Voyage   * 12:27 * - * - * - -
このページの先頭へ