<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

その美女の名は…

唯一好きで集めるミニ・アチュール(小細密画)の中、

今から随分と前に購入した、美しい女性像。

 

先日読んでいた、肖像画に描かれた貴婦人達の歴史

ドキュメント本の中に、彼女とそっくりな人を

見かけ、調べてみたら同一人物であることが解り

ました。

 

美女の名はレディ・エマ・ハミルトン。

 

レディの称号ですから貴族なのですが、彼女自身は

労働者階級の生まれ。

 

波乱の生い立ちを持って、運と才能で自ら出世した

という人生を送っています。

時代はフランス革命の頃。

 

エマはイギリスの田舎の鍛冶屋の娘でしたが、父親が早くに亡くなった事で家族の生活を支える為、10代そこそこで世の中に。

 

当時田舎出の若い娘が都会で直ぐに就ける仕事といえば、屋敷のメイドか下働きがもっぱら。

 

そこを起点として、一時は娼婦にまで身をやつしたものの、持って生まれた美しさから、とある貴族の愛人に。

 

更に出逢いの運に恵まれた彼女は、愛人の叔父に見染められ、上流階級に相応しい、マイ・フェア・レディのイライザの如くの教育を受け、とうとう父親程も年齢が離れている貴族の男性が、彼女を放し難くなり結婚。

 

夫が大使であった為、イタリアのナポリに赴任し、

ハプスブルグ王家からナポリに嫁いだマリー・

アントワネットの姉でもあるマリア・カロリーナ

王妃ともお友達…という華やいだ生活を送ります。

 

その後、フランス革命後に登場するナポレオンと

戦った当時のイギリスのヒーロー、ネルソン将軍

とも大恋愛。

 

ダブル不倫の状況のまま、彼との間に2人の子供

も誕生。

 

その後は運に見放されたかのように零落の一途。

 

最後は本国にも居られず、フランスに移るものの、

アル中となり、49歳という若さで世を去ります。

 

美しさ故に運命に翻弄されたとしか言いようの

ない生涯は、まるでトマス・ハーディーが書いた

運命に翻弄された美女『ダーバビル家テス』の様。

 

どうやら手元に在るミニアチュールは、一時絵画の

モデルで名声を浴び、数多く描かれた彼女の肖像画

を元にコピーされた中の一つの様です。

 

絵の中のエマは時代を超えた美しさを湛え、愛ら

しさと共に無垢な永遠性を感じさせつつ、永遠の

微笑みでこれからも誰かを魅了させるでしょう。

 

彼女の人生に興味ある方は、少々古いですが、映画にも

なっています。

 

1941年のイギリス映画で、邦題タイトルは『美女ありき』。

 

主演は『風と共に去りぬ』のスカーレット・オハラも演じた

ヴィヴィアン・リー。

 

一寸タイプの違う美女って感じですが…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * petite Objets d'art 小さなアート * 12:26 * - * - * - -

輝きの始まる所

画像はフォイルガラスを使った、マカロン型の

直径2cm程のイヤリング。

 

さすがロスレーだけあって、その造りの凝り

具合は半端なし。

 

銀箔の上にブルーのガラスを乗せ、更に淵には、

砂糖菓子の如く、ザラメの様な砂粒サイズの

藍色ガラスを、パウダーの様に振り掛けて、

最後に軽くサッと炙って溶かし、馴染ませて

います。

 

パッと見た目にはその美しさには気付かない

方も多いでしょうが、多くの装身具を見て

いる方、着けた経験のある方には、初見でも

惹かれる様で、店頭に出したら早々売約が。

 

銀箔がうっすらブルーのガラスを通し、ブルー

グラデーションが美しく、耳の上で独特の

濃淡の輝きを魅せてくれる逸品です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * Vintage Costume Jewelry * 14:33 * - * - * - -

二人の合言葉

画像は1930年代のチャームが下がるブレスレット。

 

当時の風俗が解るので、とてもユニーク。

 

この時代は女性達がとうとうコルセットを脱ぎ捨て、

軽い洋装と共に、どんどん社会進出を果たし、その

行動に、流通始めた車の様に、スピードが伴い始め

ます。

 

時代は経済力を付けたアメリカの文化が登場し、

逆に欧州へと入って来ます。

 

チャームは当時一般に普及始めた車、電話機、

カクテル、音符はおそらくジャズミュージック

…そして最後の一つが『O.K.』という文字。

 

同調を示す言葉なのはご存知でしょうが、語源の

詳細は不明ながら、多分略語するのが好きだった

アメリカ英語から発生したスラングと思いますが、

興味深く思っていたら、ロンドン在住の友人が

送ってくれたyou tubeで見られるイギリスBBC

製作のドキュメントを見てビックリ。

 

かつて王冠を賭けた恋と言われ、1930年代に大

スキャンダルに発展した、イギリス国王エドワード

8世とその相手ウォリス・シンプソンとの間でやり

取りされた宝石類が紹介されているという内容

ですが、その中で初めてエドワードが彼女に贈った

という宝石が、チャームの付いたブレスレットで、

その中に、『O.K.』の文字チャームがあることを

発見。

石の大きさや豪華さが価値評価の基準である一方で、極僅かな人達だけが解り合う、パーソナルなアミュレットの様な存在の宝石は、やはりチャームの様に小さいことがルールであった事でしょう。

 

二人の楽しい思い出を重ねた宝石は、常に彼女の腕を飾り、当然それらが二人を追うパパラッチ達に写され紙面を飾り、世に知られる所となり、こうしてアクセサリーまで造られたことが想像できます。

 

ウォリスはアメリカ出身。

 

彼女無くしては居られぬ程、深く愛したエドワードは、

こうしたアメリカ英語のスラングも宝石に取り入れて

楽しむ、ウィットに富んだ方だったと思います。

 

オリジナルは、多くがイギリスのロイヤルジュエラー、

又はフランスのカルティエ等が製作。

 

写真のお手軽装身具の方は、名も無きメーカーで

しょうが、こうした品から当時のスキャンダルや

世相を知る事が叶う、一寸ユニークな、エピソード

ジュエルです。

O.K.チャームのブレスは3分35分目以降チラリと登場します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * Vintage Costume Jewelry * 11:36 * - * - * - -

見方、見え方

古い装身具は、低めの光源で見た方が、綺麗に

美しく見えるという事を忘れがち。

 

画像のサフィレットのブローチも、一見薄い

色合いに思えますが、明るさの輝度を落とし、

人工灯ならば、当時(1920年代頃)のルクス

程で見るか、自然光なら夕方日暮れ間近の

光源下で見てみると、不思議と思ってもいない

色彩と輝きが立ち上がり、周りの多面カットの

クリスタルも、同時に鮮やかな発光を始めます。

 

西洋と違い、ほぼ黒目のみの日本人の瞳。

 

目が良いせいか、ハッキリと明るい光の下で

品物を見がちですが、見え方としてのベストを

狙うなら、実は当時の明るさで見てみるという

事が、一番美しい状態で見る事が叶うという事。

 

宝石は、その灯下で見て一番綺麗という考えが

ベースで造られている事が良く判ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * エトセトラ * 12:35 * - * - * - -

飛翔

最終日、東京に向かう途中の列車の窓からは、餌を探す

遠いロシアから訪れた白鳥達と今年も出会えました。

 

枯れた田んぼにいる白鳥達はいつも団体行動。

 

その歩く姿はヨチヨチと首が長い分だけ心もとなく、水の

上で泳ぐ、イェイツの詩に読まれる様な、優美な印象とは

一寸違う動きですが、翼を広げた姿を見るとやはり圧巻。

なかなか白鳥の様に美しいままには、行かないかもしれませんが、今年も飛翔することを恐れず、進みたいと思った一瞬です。

 

明日8日(火)からは、通常通りの営業となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * Voyage   * 19:29 * - * - * - -

晴、曇り、雨、雪のち…?

〜お知らせ〜神楽坂店舗は、1月8日(火)より営業

致します。

 

只今店長の滞在する地は、テレビニュースでの天気予報では

必ず雨、もしくは降雪と表示される場所。

 

ですが真実は、現時点(朝8時)では美し〜く晴れています。

 

『女心と××県』とでも言いたくなるような、晴れて、曇って、

雨から雪へ…その変わりザマは落ち着きようが無いほど、

コロコロと変化。

 

今日はこれからこの地で暮らす友人達と新年会。

 

せめて午後までは、この状態を保てよと願いつつ、出掛けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * Voyage   * 08:25 * - * - * - -

ネコの居る場所

まだまだ冬休み中の店長。

 

明けの来週からはがっつり働き出しますので、ご容赦を。

 

今日はネコの居る、温泉地のカフェへ。

 

静かな山間の集落にオープンしたての古民家喫茶は、

オーナーさんが、お客様の顔を見てからスコーンを焼き

始め、出来立ての熱々が供されてゴキゲン。

 

傍らにはネコが気持ちよさ気にスヤスヤ。

 

いつでも何処でも、居心地のいい場所を探し当てる

天才のネコに導かれ、午後の時間を今年新たに挑戦

するコト等々…心の引き出しを整理しつつ、過ごして

います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * Voyage   * 14:20 * - * - * - -

グレイヘア・ビュー

旅先の通過点。

 

シンシンと降り積もる雪に、全てが覆われていきます。

 

このモノトーン具合、まさにグレイヘア。

 

白いほどハレーションを起こし、反射して、周囲は見えなくなってきます。

 

髪が白くなるというのは、そういう狙いもあるのかも…と、自然の摂理を

考えてしまうこの頃です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * Voyage   * 12:06 * - * - * - -

光射す海

今年も年末年始を寒い地方で迎えた店長。

 

気温5度以下の昼間、気ままに海沿いに出掛けてみたら、

さっきまで雪が降らせていた雲を、太陽が割って、光が

差し込み、色の無い海の中に、色と輝きが沸き上がり

ました。

風景は、まるで宗教画のように美しく、色のある世界の

美しさに見とれていた時、ふと海岸に目を落とすと、

たった一人、カイトサーフィンをする為に海に入ろうと

するボディスーツ姿の若者が。

 

白波が立つほどの風ですから、操るのも命がけでしょう。

 

こんな極寒のなかでも、一人好きな事に挑む姿に、

憧憬と共感を抱きました。

 

今年も好きな事とモノを、どこまで追い求める事が

叶うでしょうか。

 

暫し煌く光の下で考えた、新年の想いです。

Jellicour * Voyage   * 15:54 * - * - * - -

ブルー・ノスタルジー

艶やかな、ブルーのサテングラスの太目ドロップの

ネックレスは、1930年頃のチェコスロバキア製。

 

細いシルエットの入れ物は、日本製のセルロイドの

筆箱で、店長の祖父がセルロイド工場を営んでいた

やはり同時代の頃の物。

 

造られた国、場所は違えど、年代が近いと不思議に

色合いや雰囲気が似ている事が多い時があります。

 

時代性…やっぱり存在する様に思います。

乃木坂46の歌じゃ無いけれど『シンクロニシティ(共時性)』の持つものを、こうした品の中に見つけるとき、思わず口元がほころびます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * Vintage Costume Jewelry * 13:26 * - * - * - -
このページの先頭へ