<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

思ひ出欠片

かつての時代に世を風靡した流行モノとして、確かにあった

ものを手に取ったり、楽しむ事が出来るのは、この仕事なら

ではの楽しいシーン。

 

19世紀に流行した、髪の毛で作られた様々なジュエリーは、

糸の様に細い髪の毛を束ねて寄って、形にしようという

発想自体に感心。

 

気持ち悪がる方も居るのですが、今の時代でもエクステや

カツラには人毛使用がありますので、他人の毛を身に付ける

事は、今も普通にあったりします。

 

使うよりは飾って楽しみたくなる様なカラフルな縫い糸は、

まだ服はブティックというより、自分たちで作るものというのが

当たり前で、多くの素材を造る企業があって、各社パッケージ

にしのぎを削っていたと思われます。

 

ブローチやネックレスと並んで、正面中央で見せる事になる

バックルも、かつてロングドレスを着ていた頃には、多くの

意匠で存在。

 

凝ったデザインや造りの物を見ると、どうにか使えないもの

かと考えるのですが、カジュアルな装いが当たり前の現代

では、一寸出番がなさそう。

 

カラフルな造花を寄せた帽子も、社交がある世界では、

大量に造られ、消費されたもの。

 

型が崩れても、その鮮やかな色彩は、まだ十分に楽しめる

雰囲気を保っています。

 

用途が終わってしまったこれらも、マーケットに時々蜃気楼の

様に現れ、そして再び消えていきます。

 

せめて記憶の底に沈め、風化させない様に、時々その扉を

開けてみたいと思います。

 

夏の入り口の欧州を回った今回も、充実した時を堪能。

 

それでは日本で。

 

神楽坂の店、明日から通常営業となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * Antiques * 02:23 * - * - * - -

サマーレース・サフィレット

丁度ウィンブルドンテニストーナメントが開催中の

夏早々の、カントリーサイドのイギリスで待って

いた、ヒラヒラフリルのレースにセットされた様な

フロストサフィレットが印象的なイヤリング。

 

あれ程暑かったフランスとは対極に、ひんやりと

した空気が漂うイギリスの儚い夏をそのまま色に

例えたら、まさにこんな薄灰青かもしれません。

 

ワイヤースタイルというバネの構造から、ネジ式から

板式バネに変わり始めて早々の頃の品と思われます。

チェコスロバキアらしいフィリグリーと呼ばれる真鍮のメタルワークには、かつての彩色の跡も残っていて、夏を過ごすイギリスのレディの耳を飾り立てた当時の様子が、楽しく想像出来ます。

 

短い買い付けも終盤に向かってまっしぐら。

 

あともう僅かの滞在です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * saphiret * 22:58 * - * - * - -

さよなら、またね

パリのネコのモフモフと、ようやく再会できたと思ったら

もうまたお別れの時。

 

「店長太った?」「君もね〜」なんて会話をしたばかり

なのに。

 

たっぷりスリスリゴロゴロして、また次回逢おうね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * ねこ * 07:09 * - * - * - -

既に夏真っ盛りの気温を迎えたフランス。

 

連日30度を超す、灼熱の気温の中で、唯一元気なのは

虫たちだけでしょうか。

 

銀製の蜂のピアスは、その姿や形大きさも、本物の

クマンバチにそっくり。

 

羽音を響かせながら、夏を謳歌しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * Vintage Costume Jewelry * 08:20 * - * - * - -

詩情の月

昨夜の美しい新月に刺激されたか、翌日午前中は

アポも無く、比較的ゆったりだったため、その時間を

利用してエキジビジョンを見に、パリの中心へ。

 

それは現在グラン・パレで行われている『月』展。

 

太陽とは対極にある地球の唯一の衛星のお月様は、

昔から信仰の対象になったり、多くの芸術家を刺激

して、様々な表現に力を貸すごとく、実に多くの

『月』がテーマの作品が、絵画から彫刻に到るまで

存在します。

 

あまたのなかでも一番心惹かれたのは、ロシア出身

芸術家Leonid Tishkov(レオニド・ティシュコフ)の

写真郡『private moon』。

 

まるで空から降りてきた本物の月を、恋人よろしく

旅のお供に連れ添って、様々なシーンを月と共に

撮影して発表。

 

その詩情豊かな表現にと、輝く月が飾られた彼の

作品が、会場でも一番好評だったかもしれません。

 

月の世界を堪能して、表に出たら既に30度近い

灼熱のパリの街が待っていて、とっさに状況読めず

にうろたえの店長。

 

この後は怒涛のスケジュールが待っています。

 

Jellicour * Art * 06:07 * - * - * - -

新月ネコ

日本より夏模様のパリで、店長を待っていたのは、

ホットな気温だけではなく、1年ぶりに再会のネコの

モフモフ。

 

もう休もうとしていたら、満を持しての登場。

 

思わず抱き合って、スリスリ&ナデナデの再会祝い。

 

空には出来上がったばかりの新月が。

 

出来すぎた情景に幸福を感じつつ、長かった一日に

別れを告げます。

Jellicour * Voyage   * 06:33 * - * - * - -

夏の欧州へ

バカンスシーズンが来る前に、一寸欧州まで買い付けに

行って参ります。

 

フランスは既に猛暑で、対岸イギリスはいつもの通り(?)、

冷夏とか・・・。

 

スターウォーズ仕様の飛行機ですが、何なら機長さんも

ダースベーダーの扮装で決めて、サービスCAはヨーダや

R2-D2がやってくれると、気分が盛り盛りに上がって、

嬉しいのですが…。

 

期間中(10日まで)神楽坂の店舗、WEB共にお休みを頂き

ますが、メールは常時チェックしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * Voyage   * 10:29 * - * - * - -

涼感フロスト

春まだ浅いアメリカの地で出会った、フロスト(艶消し)

加工のリーフ型パーツがアクセントのKRAMER社の

イヤリング。

 

透明と半透明のクリスタルを組み合わせたデザイン、

オーロラビーズが要所に下がり、朝露を思わせる、

清潔感の漂うデザインです。

夏のイヤリングというとマットな白を思い浮かべる方も多いでしょうが、それよりも涼しさを演出したいのなら、透明クリスタルに勝るもの無し…と思います。

 

さて、明日4日(木)から10日(水)まで欧州行きの為、神楽坂直営店とwebはお休み頂きます。

 

何卒宜しくお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * Vintage Costume Jewelry * 08:52 * - * - * - -

7月のバイ・カラー

7月初日は、まだまだ続く梅雨の雨からスタート。

 

うっとうしい気温下、美味しいモノが食べたくて、同業

友人S氏と共に神楽坂のヌーベル・シノワズリー、

『ENGINE』のランチへ。

 

一寸贅沢なお任せコースのランチが、ここでは最強の

コスパ。

 

お皿の上では、もうとっくに夏が到来していて、コント

ラスト感満載のバイ・カラー酢豚などを含めた全5品

堪能。

 

緑のナスはまるで翡翠、黒酢であえた豚は、まるで

瑪瑙。

 

宝石の様なランチ、大変大変ご馳走様でした。

 

明後日から、突然ですが欧州へ。

 

 

4日(木)から10日(水)まで、お店とwebはお休みを

頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * エトセトラ * 11:13 * - * - * - -

大地のブーケ

花を揺らす風までが見えそうな、ブーケのブローチ。

 

どちらもフラワーショップでは買えない、草原だけに

見られる野草のアザミとエリカ(ヒース)の花。

 

その花でブーケをこしらえたブローチは、イギリスの

メーカーExquisite社。

 

野草花をモチーフにしたメーカーといえば、ここ以外

では考えられない程。

 

アザミの花言葉は『独立、触れないで』など、個を旨

とするものばかりですが、一転白いエリカの花言葉は

『幸福な愛』。

 

併せて『孤高の幸福』『お一人様の幸せ』って所で

しょうか!?

 

明日からとうとう7月。

 

週末からイレギュラーに入った欧州行きも控えて、

今年もバタバタと多忙な夏になりそうな予感です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * Vintage Costume Jewelry * 09:18 * - * - * - -
このページの先頭へ