<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

こだまでしょうか

遠いパリから、すっかりお友達のニャーちゃんの呼び声が…。

 

『遊ぼうっていうと

  遊ぼうっていう。     
 …

 こだまでしょうか、
 いいえ、猫から。』

 

なんて金子みすゞの詩を勝手に造作しつつ、まどろみつつの

昼下がり。

 

明日10日(木)は勝手ながら、夕方5時までの営業となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * エトセトラ * 09:53 * - * - * - -

お国それぞれ

お客様から、某国大使館の主催するレセプションに

招かれていて、その『国』をイメージさせる装身具を

着けて行きたいので、探して欲しいという依頼があり

ました。

 

イメージさせるモチーフが多い国(?)ならば、それも

たやすいことでしょうが、その『国』は意外に

イメージするものが弱く、アアデモナイ、コウデモ

ナイを繰り返した結果、ようやくここぞな物へと、

落とし所を見つけるに到り、納まりました。

 

後日結果を伺えば、やはりお招きされた方の殆どが、

その国の国旗に使われている色の一つを身に着けて

いらしたとかで、招かれた側にも、マナーがある

ものだと、深く考えさせられました。

 

身に着け易い装身具の一つの提案として、相手への

敬意の表示というものが在るのかもしれません。

 

難しい課題になるほど、探す事にテンションが

上がる店長の日々です。

 

 

アメリカなら、星を着ければ正解!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * Vintage Costume Jewelry * 12:41 * - * - * - -

眺めの良いバカンス

〜お知らせ〜 7日は定休です。

 

普段はイギリス、今現在イタリアのトスカーナにバカンスで

居る友人から、何度となく楽しむ写真が到着。

 

古い街を望む、映画『眺めの良い部屋』そのものの印象の

この画像も、まさに「a room with a view」のタイトルが。

 

心から解放して、楽しむサマが想像出来ます。

 

この時期の買い付けは、余りバカンスを取らないイギリス

人達ですら、出掛ける事が多く、スケジュールを縫っての

調整に、既に数回のやり取りを繰り返しての時間合わせに

躍起。

 

でもそれぞれのバカンス先の話を聞くのも好きな店長は、

様々な土地の様子を聞くことで、疑似バカンス体験。

 

かつて会社勤めをしていた頃の方が、しっかり休暇を頂き、

欧州から南の島まで、遊べた気がしています。

 

まあ現役引退したら、毎日がバカンスになるでしょうから、

その時までのお預けかなぁ?

ご長寿台風が日本を通過中の日本は、お盆時期も近いのに

飛行機等の交通機関が遮断され、移動予定の人たちは大変。

 

大きな被害が出ないことを!

 

 

 

 

 

Jellicour * エトセトラ * 10:25 * - * - * - -

撮影雑感

 〜お知らせ〜 6日、7日は定休です。

 

先日、某ファッション誌のスタイリストさんがいらして、

ネックレスを撮影の為にご所望。

 

聞けばモデル出身で今は女優として活躍の若手S嬢

が着用しての撮影とか。

 

…で、テーマを伺えば、ヴォーグの伝説編集長である

『アナ・ウィンター』。

 

彼女の定番となっている、リヴィエールネックレスを

幾つかピックアップ。

 

女優さんとはいえ、ようやく20代を迎えたばかりの、

若手女性に、あの雰囲気を装身具で醸し出せるとは

思えないんだけどな〜…と苦笑しつつ、お貸出し。

 

ファッション誌といっても、紙媒体はどんどん低迷を

続けていて、その特集も掲載はwebマガジンとか。

 

web画面で表現する、紙媒体の伝説女王。

 

「…皮肉?でもこれも時代の流れかも」…と思いつつ。

 

この記事、どうやら店長は海外に居る時のアップらしい

ので、気付かないかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * Vintage Costume Jewelry * 11:20 * - * - * - -

天使は天使を呼ぶ

昔飛びたった天使の顔のチャームが付いた、ロングチェーンが

ちょい修理で里帰り。

 

久々の天使顔は相変わらず、福々しい顔。

 

可愛がられている事が解ります。

早々出来た修理を納める時に、共に付けられる別の天使の品をご所望。

 

小さな翼を持つ天使のブローチを見つけ、ご提案。

 

ヴィクトリアン時代の後ろにフックが付いているブローチは、本当に様々に変化して使えるので、とても便利。

 

兄弟の様な(?)そっくりの顔具合に、これもまた納まりました。

 

ガーディアンエンジェルのお勤めを、励めよ君!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * Antiques * 10:55 * - * - * - -

summer saphiret 2

シンプルな枠で仕立てた事で、内側から発光するような

輝きで魅せるブリリアントのカットのサフィレット。

 

プリズム効果を利用した、色化学マジックのガラスです。

 

光源や光の色で、そのブルー発色も赤味のあるものから

緑のモノまで、実に様々。

 

まるで心模様を映しているかのよう。

 

多くの人を魅了する、最初の理由でもあると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * - * 10:17 * - * - * - -

summer saphiret

溜まっていたサフィレットのルースを、銀の職人さんに

依頼して、ヘッド加工に。

 

輝きを取り戻すために魔法のスパイス(!?)も振りかけて。

 

魅力を生かすため、デザインは最大限ミニマムに。

 

出来上がったばかりのダブルペンダントは、夏の太陽の

下でも負けないブリリアントさ。

 

永遠にも続く、魅惑の輝きを放っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * saphiret * 10:48 * - * - * - -

呼び声

8月を迎え、そろそろ買い付けを兼ねた、夏の旅準備に

入る頃。

 

遠き地に居る信頼のディーラーさん達に送ったメールに

「もうその時期なのね!待っているわ!!」の返事が

返ってきました。

 

いつもの声、いつもの顔、そして嗜好を共有する者だけが

解るささやきが、短い夏の国の下で、今年も繰り広げられ

そうな予感に期待値が上がります。

 

夏の再会、そして新たなる品との出逢いの楽しみに、

心躍る店長です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * エトセトラ * 12:36 * - * - * - -

葉月の石

8月の誕生石でもあるペリドットは、通称『イヴニング・エメラルド』

と呼ばれる程、夜の人工灯の下では、美しい緑の色を放ちます。

 

でも昼間の太陽光の下で見るこの石は、浅い爽やかな緑で、

いかにも夏らしい印象。

 

邪悪なモノから守護するとも、うつ病や内臓疾患からも守るとか。

 

要は古くから存在するこれらの輝石には、人智を超えたパワーが

潜み、着けた人を守護すると、本気で当時の人々は考えていた

のでしょう。

 

病や死がもっと身近に存在していた頃、宝石の扱いはやはり

特別だった思わせます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * Antiques * 13:09 * - * - * - -

夏のアクセントブローチ

〜お知らせ〜 30日、31日は定休となります。

 

夏の日差し避けには帽子を着用。

 

日傘は優雅に見えるのですが、考えたら雨時のシーンと違い

特に神楽坂の様な細い路地が多い所では、差していない

人とすれ違いざまに当たってしまい、迷惑を掛けてしまいそう

ゆえに辞めました。

 

畳んで仕舞える柔らかなつば広の帽子の一部に、夏イメージ

のブローチを着けるのも、一寸個性が出て素敵。

 

写真は1960〜70年代の、アメリカのトリファリ社

ブローチ。

 

メタル全体に白い塗装を施し、中央に大きなトルコ石色の

カボッションを留めた、爽やかな印象のあるユニークなもの。

 

夏の薄手の服には、ブローチが着けられないから、ブローチ

着用は秋までお休み…なんて考えるのは、ちょっと勿体無い

気がしますので、もっぱらこう使って、楽しんでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * Vintage Costume Jewelry * 11:17 * - * - * - -
このページの先頭へ