<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

couture pom pom

見事なパールビーズと碧のビーズの房のネックレスは

ルイ・ロスレー。

 

先日のフランス、パリにて出逢いました。

 

フワリと広がる裾のたっぷりしたドレスの如く、長い

トレーンを引くように下がるビーズの房は、ほんの僅か

ずつ、ビーズの大きさのグラデーションの差をつけて

繋がり、パールの持つエレガントさを最大に活かして

います。

 

対極に、首回りはゴツさすら感じさせる、太目のアヅキ

チェーン。

 

繋ぎのディテール、ビーズの配置、どこをどう切っても

無駄な所が見つからず、それでいて美的。

 

ドレスにも在る様に、装身具の世界にもCOUTURE

(クチュール)という意識が根付くフランスの美的感覚。

 

このセンス、生まれながらのものとしたら、やっぱり

フランスのDNAは恐るべし…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * Vintage Costume Jewelry * 09:24 * - * - * - -

緑の百花繚乱

ここひと月、緑のアクセサリーを探しに、ご来店される方が

チラホラ。

 

は今年の流行色の一つの様です。

 

明るいペリドットカラーからカーキ色、深い青味すら感じる

フォレスト・グリーンまで、その範囲は多々多種。

 

特に1950年〜60年代の、アメリカ、オーストリア、フランス、

ドイツで造られた緑の品々は、各国オリジナルのパーツも

製造していた時代故、実に多種多様。

 

デザインも実に個性豊かに、小さくも精巧さに富む、ドイツ

K&L社製、一寸ラブリーな印象のオーストリア製、シンプル

だけれど極上のラインストーンを使うアメリカのワイズ社、

トリファリ社、ヴァンドームなど、多くのメーカーが個性を

競います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * Vintage Costume Jewelry * 09:04 * - * - * - -

耳元pom pom

ロスレーのタッセルシリーズは、当然ですがネックレスだけに

あらず。

 

1930年代らしいブルーが印象的なこのイヤリングも、タッセル

スタイルで造られたもの。

 

ドロップのビーズは勿論ですが、それを引き立たせる為の

金属のパーツの美しさも必見。

 

ヒカリモノは一粒も用いられていないのに、華やか。

 

耳元で、軽やかに揺れるガラスの房(pom pom)です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * Vintage Costume Jewelry * 08:58 * - * - * - -

レター

大暴風雨に荒れた昨夜の東京。

 

遠きロンドンからの友人が、1年ぶりにやって来て神楽坂

にて食事。

 

おしゃべりが止まらないこと、止まらないこと…。

 

メールからライン、ライン通話と、SNSを使って頻繁に

『会話』はしているつもりですが、顔も見ずアイコン

タクトの無い会話は確認事項や仕事の話にはいいのですが、

やはり限界があって、メールが届いて無いなどの機械的

トラブルが起きてしまうと、それが起因で心理的疎遠に

なることもままあって、かえってトラブルの元が増えて

いるんだか、甚だ解らない時があります。

 

そのうち『手紙をしたためる』なんて行為は、遥か過去の

行為になり、このヴィンテージの速達レターのピアスも、

手紙そのものが、とってもレアな存在になるのかもしれ

ません。

 

昨夜の会話は、友人の業界での近況から始まって、

最新映画の話から、ファッション、買い物…と、ライフ

スタイル全般までカバー。

 

親しい人達との屈託の無い会話は、見えない栄養素

となって「明日も頑張ろう!」という気になる、大切な

サプリメントの様な存在です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * Vintage Costume Jewelry * 09:27 * - * - * - -

ピンク・ネックレス

やっぱりこの時期だから…かどうかは分りませんが、出会った

ルイ・ロスレーのエイレットの定番3連ネックレスも、春色の

淡いロゼカラー。

 

首に乗せると何ともいえないほんわかな色合いに、薄い頬紅を

着けた様に、顔色が数段明るくなる事請け合いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * Vintage Costume Jewelry * 14:01 * - * - * - -

流行色

今年の春の流行色はウルトラ・ヴァイオレットとか…。

 

そう言われて、「あの色ね!」と思い付く人は、とても少ないはず。

 

紫は複雑に色が混じり合って出来る色ゆえに、厳密に厳格に分けて表現するのは、とても難しい様に思います。

 

パープルよりは青味が強く、まさにスミレの花弁の色がその色ということでしょうか。

 

高貴さの漂う色として、西洋ではギリシャ、ローマ時代から、皇帝達に愛されて来た色です。

 

当店ではこの春、ヴァイオレットというよりは、ピンクカラーにシフトされる方が圧倒的。

『今年の色』と『売れている色』には、若干の誤差が生じるもの。

 

何より今の時代は、お客さま自身が自分に似合う色を熟知しているように思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * Vintage Costume Jewelry * 12:20 * - * - * - -

ピンク・レッド・ドロップ

春だからか、ピンクカラーが注目の的。

 

意外に在りそうで無い、大きなガラス製、ドロップ

シェイプのピアスは、1950年代の品。

 

クランベリーよりは一寸甘めのピンクレッド。

 

僅かに混ざるホワイトが、マーブル状に混ぜ込ま

れているのもユニーク。

 

コロリとした大きさの持つ、美しい照りと色が

顔回りを頬紅の様に、華やかに染め上げて、

肌を生き生きと魅せます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * Vintage Costume Jewelry * 08:45 * - * - * - -

アレンジ遊び

先日のシルバーチェーンは、早々にお嫁入り。

 

代わりにやってきたのが、アンティークゴールド

色も美しい、同様の幅広チェーン。

 

留め金にもデザインが施されている為、留め金をワザと斜めや前ポジションにしても良し…と、なかなか優秀なデザイン。

 

チェーン自体は市松模様の様な意匠が美しく、きっちり造られていることが判ります。

 

更にはブローチを挟んだり、イヤリングを挟んだり…。

 

ぺったんこのチェーン故、挟める物は何でもオッケー牧場(古)。

 

店長の大好きなアレンジスタイルの一つです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * Vintage Costume Jewelry * 09:32 * - * - * - -

かさねづけ

インスタグラムの影響か、フォトジェニックであることに

価値が見出されつつある世の中。

 

どうやら装身具の世界にも。

 

海外でファッション誌のページにあった、ブレスレットや

リングの重ね着けのアレンジには、やはり目を奪われ

ました。

 

一つ一つは小さくても集めればグッと華やかに。

 

バブルの頃の、一つで完成する様な、ガツ〜ンと武器の

様な大きなジュエリーとは対極を成す、アレンジと

着け方のセンスが問われますが、そこは貴方ご自身の

腕の見せ所です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * Vintage Costume Jewelry * 09:38 * - * - * - -

ラリエット

雪の後晴天下のパリで、逆光でシルエットだけが眼に

入ってきたのはラリエット。

 

春らしい淡い色彩のビーズで組まれた、ネックレスは、

「ようやく出逢えた!」と思える品。

 

長さを変えてくるりと首に巻きつけて使う、ラフさの

中に見る洒落たあしらい。

 

春らしい色味に満ちた様子の詳細は、近々更新予定の

webにて!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jellicour * Vintage Costume Jewelry * 12:28 * - * - * - -
このページの先頭へ